こんにちは。

こんにちは。 チャームでグリーンロタラとトンデフォリアのセットを購入しました。 植えて1カ月以上経つのですが、成長部分が小さく、うまく育ってくれません。 下葉もボロボロになりかけてます。 底砂は1年位前に入れた水草一番です。 肥料はイニシャルステックを水草の回りに刺し、メネデール液を水替えの時にキャップ2杯。 照明はジェックスクリアLED powerXとpower3 2本で7時間点灯してます。 濾過はエーハイムの2215 PH 6.5~7 二酸化炭素は添加していません。 水温は、8月は猛暑か続き30℃越え、 最近やっと25~27℃位 (ヒーターは25℃設定) 生体 カージナルテトラ30、プラティ5、 コリドラスジュリー5、オトシン3、 ミナミヌマエビ30前後? 水変え 10日に1回、3分の1程度 です。 何が原因か、どうすれば良くなるか、分かる方がいたらよろしくお願いいたします。

画像

アクアリウム74閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

水温30越えはまずいだろむしろ枯れなくてよかったんじゃね? 照明パワーXをやめて3を2台にするか両方やめてグロウにすると節間の間延びを少なくできそう。

その他の回答(3件)

1

光や栄養のバランスが悪いのだと僕は思います。 まず、メネデールは完全にストップして下さい。 鉄過剰による様々な栄養素の拮抗が起きやすく、画像的にも怪しいです。 エビが不調だとするなら更に怪しいです。 そして水換え1/3を3〜4日続けてみてください(集中換水)→鉄過剰の場合、リンと結びつきリン酸鉄と言う 植物が利用出来ないイオンに固定し易く、その物質は底床に溜まります、悪害にしかなりません。 その場合、藍藻もでやすくなるイメージあります。 水換え時はソイル表層を吸い取りながらが良いです。 吸い取っても底床中層まで、あまりガッツリ底床は弄らない方が良いです。 ガッツリやるなら初めだけ、後は表層を吸い取る程度で。 これだけで何かしら変化する事は多いです。 ソイル使ってたらメネデール入れなくても殆どの場合大丈夫、草の頂芽(ちょうが)が白化してる時にピンポイントで利用するくらいに留めて下さい。 ・ ・ 光の量は十分だと僕は思いますので、逆にco2がネックになる事は多いです。 この辺は集中換水時に気付くと思います。 初めての場合は発酵式でテストしてみると良いですよ、殆ど持ってる機材でやれるので簡単です。 水草の醍醐味が味わえると思います^ ^ ・ ・ 栄養バランス改善の為 カミハタ スティック(ハイポネックス スティック)をロタラの茂みの直下、底床最奥へ1/6本程度施肥してみてください。 その量を更に細かくしてまばらに埋め込んでも大丈夫です。 水槽サイズが分かりませんが、 やり過ぎは逆効果になりますので初めはそのくらい少なく。 イニシャルスティックもそうですが、肥効(ひこう)は遅れて現れます。 まずは水換えと底床表層吸い取り、 これをやって見て下さい! 肥料は落ち着いてからでも大丈夫っす(^ ^)

1人がナイス!しています

こんばんは。 回答ありがとうございます。 鉄過乗ですか。 連続水替えでソイルの表層掃除をやってみますね。 二酸化炭素は、数年前小さなボンベ式のを使ってたのですが、量にムラがあり使いがってが悪い(差し込みの時に漏れてしまう)ので止めてしまったのです。 回答ありがとうございました。

0

>肥料はイニシャルステックを水草の回りに刺し、メネデール液を水替えの時にキャップ2杯。 たぶん肥料過多。 園芸のコーナンのライフレックス花工場の液肥(NPK)は、千倍濃度で1週間に一回よ? ボトルには「肥料に弱い草にはそれ以上薄めて与えるように。」との注意書きあり 水草の育成にはNPK肥料が必須、CO2が必須、ソイルが望ましい、GH KHの硬度(Ca Mg)にも注意なんてネット情報や販売店のCMを真に受けて、あればあるほど水草にとって、決して悪いことはないはずだ! なんてのが、間違っているということです。 底大磯で、ほとんど何も入れないえび水槽で、これだけ勝手に育つのがロタラ

画像

ロタラの下葉が針のように細かったら、まだ地上葉だったかも。 地上葉は水中に入るとたいがい枯れて溶けます。 新しい葉が出るのを待つだけ。 待っても水草が水槽に適応できない(育たない)ことも普通にあります。そんなときは新しいのを購入。 ホムセンの熱帯魚コーナーの鉛巻き三束千円の水草なんて、一ヶ月も立ったら廃棄処分ですから。そんな弱りに弱った水草買っても、うまく育つことはありません。