パーキンソン病では、階段昇降の方が行いやすい逆説動作がみられる(パーキンソン病では大脳基底核が機能不全となるため、

パーキンソン病では、階段昇降の方が行いやすい逆説動作がみられる(パーキンソン病では大脳基底核が機能不全となるため、 内発性随意運動が障害される為)んですか?

ヒト | 病院、検査11閲覧

ベストアンサー

0

視覚刺激が運動改善効果をもたらします。 階段の場合、各段の横線が足を出しやすくする視覚刺激 になっています。 だから階段でなくても、床に30cmほどの間隔で横線を 引きこれを踏むかまたぐと歩きやすくなります。 同じ理由で、L字状の杖を持ち横線を足の前に置き、これを またぐことを繰り返すとinitial hesitationが緩和されます。

その他の回答(1件)