ヒグマの駆除って何故市町村長から機関銃やライフルを持った自衛隊に応援要請しないんでしょうか? 住民の方が安心出来るんですけどね

ヒグマの駆除って何故市町村長から機関銃やライフルを持った自衛隊に応援要請しないんでしょうか? 住民の方が安心出来るんですけどね

1人が共感しています

その他の回答(4件)

0

狩猟も駆除も同じなんですが、銃で射殺するというのは最後のほんのわずかな部分です。 ここだけであれば自衛隊でも警察でも出来るでしょう。 しかし狩猟や駆除というのはそれまでの行程が重要です。 ヒグマを探して追い詰めるわけですが、これが動物の習性を知っており、野山の地形や状況を把握していないと出来ません。 それで地元の猟友会に駆除の依頼がいくわけです

0

そのための訓練を受けていないのでめちゃくちゃ効率が悪いです 害獣の生態に基づいた行動予測、追跡などはできようもありませんから、人海戦術で地域一帯を埋め尽くし、またヘリコプターも動員して徹底捜索、見つけるや否や大勢で追い回しながら機関銃をバリバリ撃ちまくらなければいけません 周囲数キロに避難命令が出されますし、流れ弾による家財への被害は甚大となり、燃料代は百万単位、事故により死者が出る恐れもあります まぁ少数の狙撃手でこっそりって手もありますが、それだったら猟友会のおっちゃんでいいわけでして

2

自衛隊に対して有害鳥獣駆除ということで要請はできますが、要請するには ・非代替性 ・緊急性 ・公共性 の3つをクリアしないと派遣要請はできません。 この場合、地元の猟友会が機能しているので派遣要請はしないんだとおもいますがね。

2人がナイス!しています