スノーボードについて 板をチューンナップに出す予定なのですが サイドエッジ88°or89° ベースエッジ1°or2°

スノーボードについて 板をチューンナップに出す予定なのですが サイドエッジ88°or89° ベースエッジ1°or2° ってあるのですが、どっちがいいのでしょうか?今まであまり気にしたことがありませんでした。 ちなみにメインはグラトリで滑っています

補足

それと、スクレーピング あり、なし(ホットワックス塗布のまま出荷)ってあるのですが、どう言うことですか? スクレーピングは自分でやるかやらないか? ってことですか?そう言うことだとしたら、わざわざ自分でやる人っているんですか?めんどくさくないですか?

ベストアンサー

0

ドライブ系、ノリ系を重視するなら88-2度 通常なら89-1度ですかね。 ただし使ってる板にコンベックスが入っている場合は88-2度にすると、角度が付きすぎますのであまりオススメしません。 カービングはかなり角付けが必要となりますし、硬いバーンだとエッジが噛む前に抜けてしまう可能性も高いです。 経年劣化でコンケーブしている板ならむしろ88-2度で調子いいと思います。 そこはショップにチューニングの際、コンケーブが見られる場合は88-2度にしてくださいと付け加えればやってくれるでしょう。 ちなみにスクレーピング不要というのは、ワックスを厚塗りしたまま保管する人はそれを選びます。 ソール保護のためですね。 なのでチューンナップから返ってくるタイミングでは厚塗りのままにしておいて、滑る前日なんかに自分でスクレーピング、ブラッシングする人も多いと思いますよ。 私も塗りっぱなしを選択してチューンに出します。

その他の回答(2件)

0

こんにちは。 グラトリの内容が分からないので何とも言えませんが、ノリ系ならベース-2、サイド88でも良いでしょう。 そういうのよく分かんなーい、とりあえずグラトリやってますー程度なら、ベース-1、サイド89で良いと思います。エッジ食わせて一発回しとか、ラントリがメインならこの方が良いですし、両方やるよってならオールラウンドなビベルの方が良いからです。 スクレーピング…保護用にギリギリまでやらない人も多いです。 ソールの酸化については、長年そう言われてきたけど最近は眉唾な話なのでここでは何も言いません。 返送の際、運送屋のミスで傷つく事もあるので、私は厚塗りのまま貰います。原因が定かじゃないと誰も補償してくれないので、厚塗りのまま受け取ってます。 面倒くさい? そもそも、普段からホットワックスやってるから関係ありません。 また、ワックスを剥がす時に、チューン屋がどんなワックス乗せたか分かるし、それを見て自分でその上から乗せるワックスを考えるので、剥がされるとちょっと困る、ってのもあります。 余程のチューンじゃない限り、安い柔らかめのユニバーサルワックスしか乗せないので、そこから硬めのワックスをどう乗せるか…手持ちのワックスを見ながら決めます。 せっかくチューンに出したのに、走らないのは馬鹿らしいです(笑) ご参考までに。

0

89、1が一般的ですがグラトリのやりたい技でだいぶ話は変わります。 スクレーピングは今からチューンに出すならもうすぐシーズンなのでやってもらえば良いですが、冬終わってから保管用に出すなら無しが基本です。 一度剥がして長期放置するとワックスの表面が酸化してワックスのやり直しが必要になるからです。