私はよく新書を読む時、「むむ」とか「あー」「なるほ」ってなった際に、そこの文に赤線を引き、ページの端を折り曲げて、週末に赤ペンを引いた部分や簡単な要約をメモ帳にまとめています。

私はよく新書を読む時、「むむ」とか「あー」「なるほ」ってなった際に、そこの文に赤線を引き、ページの端を折り曲げて、週末に赤ペンを引いた部分や簡単な要約をメモ帳にまとめています。 そのことを友人に話すと、「それって普通ビジネス書でやることじゃない?」と言われ、私はまた「むむ」となったのですが、新書に対してこのような行為する人はあまりいないというか、普通じゃないのでしょうか?

読書 | 本、雑誌28閲覧

ベストアンサー

0

とくに珍しいことではありません。私も大学生の頃からよくやってきました。古本屋でも、本文中に傍線を引いた新書や学術書をよく見かけます。 以下は蛇足です。(笑) 私の書き込みの仕方を述べたものです。書き込みをした画像つき。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1031404200?fr=and_other しかし、ここ10年くらいは、書き込みをするかわりに、メモ用紙にページとキーワードをメモしながら読むことが多くなっています。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13201060988?fr=and_other それでも未知のジャンルの新書や学術書に挑戦する場合は、傍線などの書き込みをしながら読みます。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11180565361?fr=and_other