この質問のカテゴリーは、「雑談」ではありません。 「哲学」>「日本史」です。只、今日も焼酎飲んで酔っ払っていますが、本気です。

この質問のカテゴリーは、「雑談」ではありません。 「哲学」>「日本史」です。只、今日も焼酎飲んで酔っ払っていますが、本気です。 「古事記」清清し(すがすがし)の菅総理は悪(あし)き前例の改革を強く打ち出していますが、半分は詭弁で、半分は本音だと思います。 でも、南方縄文系とは違い、小さな目(眼球はデカイ)の秋田県人(北方縄文系)の菅総理は、 一番重要なコロナ対策が終わり、経済が前に戻ったなら、そして、総理を続けていたなら、 宮内庁に対する時代遅れの考えを訴える民意を受け入れてくれるのではないかと思います?? 真実が分かれば都合が悪くなると考えるのではなく、更に日本の素晴らしい伝統になるのではないかと思うのです。疑問視される「延喜式」神社の伝統も同じです。 菅総理は長く続かないと云った、ポイントがずれた回答は遠慮して下さい。 邪馬台国の謎に関して、前例がないから、論証が難しいから、後の文献はこうなっているから、を理由にしている方は、悪き前例を作っているのではないでしょうか? 5世紀以後の古代史では、この基本的な考えは正しいと思うのですが、4世紀以前の謎だらけの世界にこの考えを持ち込むのは間違っているのではないでしょうか? だから、奈良時代から現在に至るまで、文献の話としての邪馬台国の謎が解けないのではないでしょうか? 間違っていても、自分が長年、築いて来た考えは、なかなか修正出来ないと思います。 歳をとるとこの考えは益々、強くなります。 失敗は認めたくないのです。 原田大六先生も云っています。 親友の郷土史家に対し、「本当は、自分は間違いではないかと思っているが、自分の考えを信じている。この心は矛盾する。」と、 そうなんです、「本当は、自分は間違いではないかと思っている」、それなら、それを訂正して、限りなく間違いないと思う考えを持てばよいのです。その姿勢が自分の勉強になるのだと思います。 邪馬台国の謎に関して、「これは絶対に間違いはない!」と云える内容はないと思うのです。 これを避ける為、私は無理に意識して、自分の考えを常に訂正し更新するようにしています。 私は、本を出版する知的能力は持ちません。 昔なら、邪馬台国の事実に関する出版は大変有効でしたが、今はネットの時代ですから相応しくありません。 なぜなら、邪馬台国の謎には考古学の視点から常に訂正が必要だからです。 だから、ドンドン修正できる電子本や無償のブログにしたらよいのだと思います。 自分のプライドや金銭目的が強いとこれを守る為に必ず、間違いが生じるのです。 「古事記」の内容のように誠(まこと)に純粋たれ! 自分の考えを修正しない、素晴らしい尊敬する歴史学者を知っています。 その名は古田武彦先生です。先生がこのことに気付いたら、もっと邪馬台国の謎に近づけたと思うのです。 「魏志」原文は無暗に変更してはならない!この風潮は30年前にあったようですが、「魏志」倭人伝を良く考えれば、いい加減な手抜きがあるのと、写本ミスが多いのが、傍国を理解することによって観えて来ます。 長い序文になりましたが、 これは皆さんに気付いて欲しいから、社会に貢献して欲しいからの心からです。 邪馬台国に謎は素人でも解ける謎なのです。それをアカデミーにあげればよい事なのです。 何故なら、日本人の多くの方には、邪馬台国の時代を体験した御先祖様の記憶(血)が流れているからです。 それを風呂に入った時などに思い出せば、よい事だと思うのです。 そこで、質問です。 邪馬台国の謎の解明に近づく為、新しい歴史ロマンを生みだす為に、皆さんが思う必要なことは何でしょうか? 248年ごろに亡くなった卑弥呼の墓が発見される条件は一番ですが、この当たり前の考えは偶然を伴いますので、私の勉強になりません。 邪馬台国の謎はロマンとして残しておこう。と云った、後向きな、悪き前例の回答は遠慮于下さい。 純粋に真実を知りたい方の信念やよく分からない考えもヒントになるので、知りたいのです。

補足

皆さん、多くの回答有難うございました。 2件の誹謗があったけど、皆さん真面目に答えて頂き、大変勉強になりました。 特に、「邪馬台国信濃説」は面白かったです。 出雲の女神の御穂須須美(みほすすみ)命が千曲川流域にいらっしゃるなんて素晴らしいです。 私のイメージ画像はこの方に添付します。 もの覚えの悪い私は、イメージ画像を作るとよく覚えるのです。 「邪馬台国朝鮮説半島説」は良くわかりませんでした。 今回のBAは、 「学問が手を取り合って多角的に時代を考証すれば真の歴史に辿りつく」・・にしたいと思います。 これは国家プロゼクトの課題ではありますが、素人としては、 色々な考えがある知恵袋で学んで、知っている場合は教えて、知識を深め、大学の学者先生を動かす、きっかけになればいいなぁ~と思っています。

哲学、倫理 | 日本史183閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

要するに菅総理の「前例主義や既得権益を打破する」発言、河野大臣の「縦割りの弊害を正す」という方針が、大先生の意向に屈する権威主義を駆逐してくれるのではないか、ひいてはお山の大将の君臨する考古学会の旧態依然をひっくり返して、あらゆる学問が手を取り合って多角的に時代を考証すれば真の歴史に辿りつくということですね?

ひっくり返せば、元も子もありません。 悪しき前例を作った方には、大変な努力をし、国民に貢献された方も多いと思います。 だから、時代に合わせて常に改善、適応することが必要だと思います。 孫子の兵法に、 兵は水に例えられる。水は高い処から低い処へ流れる・・・てな、言葉があります。 軍隊で人を動かすには、縦割りは必要なことなのです。 でも、トップが改善の民意を受け止めなければ、なかなか改善されないと思います。 おっしゃる通り、アカデミー(学会)が多角的に時代を考証すれば、良いのだと思います♡ 素人の判断で、日本は考古学や遺伝子学には進んでいるように思いますが、中国での4世紀以前の漢字や文献の研究に比べて、日本は日本での4世紀以前の漢字の研究が遅れているように思えます。 上代特殊仮名遣いを発見した、橋本進吉先生のような方が現れないのです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

勉強になりました。

お礼日時:9/20 2:05

その他の回答(8件)

0

魏志倭人伝には謎が存在しますが邪馬台国に謎がある訳ではありません。 魏志倭人伝の謎が解明されたら新しい歴史ロマンは必要ありません。 twesgiさんの回答は冷やかしではないと思いますよ。

私に遠まわしに誹謗しにやって来ることは予測していました。 その片意地の回答内容も予測していました。 邪馬台国に何故、謎がないのか?と尋ねると“「魏志」に邪馬台国の記載が無いから” と言葉遊びを繰り返すことも予測されるので、今、先に謂いました。 邪馬台国ロマンは「魏志」に書かれている漢字4文字(邪馬壹國)だけの狭い考えでは無いのですよ! 自分の考え以外は、全て、作り話しだ!嘘だと謂って否定だけを繰り返す。 邪馬壹國、邪馬臺國が無かったとするなら、それなりの丁寧な説明が必要なのですよ! 何故、もっと広い目でロマンを楽しまないのですか! いつか、気づいてくれると期待していましたが、3年間の期待を打ち切り、BLにしたいと思います。 (残念です) 最後にお願いです。知識はあるのですから、子供達の質問にはもっと、広い目で教えてやって下さい。

1

考古学の趨勢は纒向が圧倒していて、学術的な報告が相次いでいます。動画配信では九州説の方が懸命に「魏志倭人伝から考えると・・」と推論に推論を重ねています。 私は全く素人なので自由に想像しています。 ①弥生時代銅鐸と銅剣を使った祭祀が行われていた。 ②出雲で358本の大量の銅剣が銅鐸と共にきれいに整理されて埋納されて出 土した。埋納儀式があったに違いない。 ③銅鐸が多く出る近畿地方では、銅鐸を入れ子状に重ね、地面に埋められた り、岩陰に隠されたりした。細かく叩き割られた破片で出てくるものも多 い。 明らかに銅鐸信仰の棄教である。 ④3世紀纒向遺跡は何ら大規模遺跡の痕跡がないところに忽然と現れた都市遺 跡。3世紀早々の古墳があるので2世紀の終わりごろから作られ始めたと思 う。 ⑤纒向で始まった前方後円墳は吉備の古墳の影響が大きい。箸墓が3世紀中葉 に出現し、3世紀後期には吉備で箸墓の設計図を使った1/2スケールの浦間茶 臼山古墳が出現する。強い結びつきを感じる。京都でも同型古墳が見つかっ た。 ⑥大和一之宮は、三輪山大神神社。出雲の神。出雲の国譲り神話通り、ヤマト は、大国主命との約束を果たしている。祭神に関しては丁度、そのころ皆既 日蝕があったため、太陽信仰は共通として残り、アマテラスはヤマトから移 動した。 私は、広く西日本が連合した証に宗教の統一を図ったと思います。それが出雲様式の神道だったと考えます。出雲で手打ちの儀式を行い、それまでの祭祀の象徴を埋納し、新しい国家のスタートを切ったのだと考えています。出雲の「神有月」は、各地から王が集った残像でしょう。定型の前方後円墳には九州の鉄器が納められ、新しい統一した神道の象徴である銅鏡が納められました。吉備のつぼ型埴輪、特殊器台土器が使用されました。幾重にも連合の象徴を織り込んだものです。その連合の象徴が計画都市遺跡纒向ではなかったのか、と想像しています。

1人がナイス!しています

0

邪馬台国論争は文献史学では無く、あくまで科学的データに基づくべきです。3000年前に玄界灘沿岸地域で水田稲作が始まってますが、実際には縄文末期〜弥生初期の渡来人骨は殆ど見つかってません。 渡来系弥生人が多くなるのは紀元前300年頃で、殺傷痕がある人骨が最も多く見つかるのはBC2世紀〜AD1世紀頃の福岡県中西部。 2世紀後半の倭国大乱とは、時期的にかなりズレます。

この返信は削除されました

0

流行拡大でなにが不要不急がわかりましたよね。 歴史ロマンのために必要なことは、大学と宮内庁を廃止して、歴史の権威主義をなくすことです。 1.大学の廃止 (1)文系の学部も、理系の学部も、企業で再教育しなければ役にたたない。 (2)塾・予備校・入学金・学費が家計・生活費を圧迫している。 (3)資格試験は専門学校で、専門知識はネットで、十分勉強できる。 (4)受験教科の数学・英語が中高6年間で全くものにならない。 (5)文学・歴史は政治・経済と無縁で、数学は抽象的で応用と無縁です。 2.宮内庁の廃止 (1)皇室の祭祀と警備にかかる人手と時間が無駄です。 (2)天皇の大臣任命や国賓招待などの国事行為は形式的なので中止すべき。 (3)皇室の被災地行幸は復興作業の妨げなので中止すべき。 (4)皇統と祭祀は皇室の判断で皇室費の予算範囲で事後報告でやればよい。 (5)宮内庁が古墳発掘をさせないので、日本古代史がわからない。 ちなみに、韓国を含め邪馬台国朝鮮半島説は、だいたい数学マニアです。

大学と宮内庁は必要だと思います。 只、歴史問題に関して、共に大きな改革が必要ですが、宮内庁の場合は強く指摘する民意が多くならない限り、直に打ち消されると思います。 邪馬台国朝鮮半島説がどの様な説かは知りません。 でも、数学マニアがこの説を唱えると云うのは大変面白く、興味があります。 私は子供のときから、自分の歳も、直に思い出せない、直に計算できない数学ダメ人間ですが、40年前はアルゴリズムを方程式化した自分の趣味のゲームプログラムや文字解析プログラムを組んでいました。 だから思うのですが、国家プロゼクトで、縄文時代からの世界の地理・天候・言語・文化の歴史を新技術(人の考えや誤りを見抜くことが必要)で開発したAIに学ばせ、文献の解析に使えば良いと思います。 過去の出土物から音声を再現する新技術より、こちらの方が数年で可能ではないかと思うのです。

1

歴史というものは現代の我々が見る歴史と、江戸時代、またそれ以前の人の見る歴史感は似ても似つかぬものであることは異議を挟む余地もないでしょう。 そういう前提で、史書を解釈することは、当然、仮定の連続でもあります。 それを理解した上で現在発刊されている書物を読むのではなく、埋もれた古文書を解析することにより、その古文書を現代の視点で再考する必要があると考えております。 私は貴殿と同じく阿南市在住者ですが そういう考え方で文化の森の文書館に出向きいりびたっております。 また、最近は上一宮大粟神社の社報が面白いのでよく頂きに行っております。 古代天皇家の祭祀族が忌部である以上、その本拠地である阿波には必ず邪馬台国につながる何かがあると考えていますよ。 加茂宮の前遺跡はご存知でしょう。 紀元前1世紀からの国内最古最大クラスの鍛治遺跡で建物跡110棟、鍛治遺構21、水銀朱の加工を兼ね備えた大規模なものです。 ガラス玉や漢鏡が出土しており、この時代にすでに大陸と交易があったことは明らかなのですよね。

1人がナイス!しています

そうでしたか、amaさんは阿南市の方だったのですね。 道理で、色々と教えてくれると思ってました。 加茂宮ノ前遺跡は建物跡110棟、鍛治遺構21とあるから、昔より増えた見たいですね。 私は目が悪いので古文書に限らず書類は僅かしか読めません。 だから悪い頭で、考えてばかりなのです。 古い時代の内容を書いた文献であっても、古墳時代後期ぐらいしか、遡れないと思いますが、もし、「古事記」大宜都比売(おほけつひめ)のように、語中に「都(つ)」や「津(つ)」がある余り知られていない固有名詞がありましたら、なにかの機会に教えてください。