大学4年の者で、来年から作業療法士として働く予定の者です(国家試験の合否による)。

大学4年の者で、来年から作業療法士として働く予定の者です(国家試験の合否による)。 私は教育制度が整っていること、認定療法士の資格取得を推奨しており援助してくださること、研究できる環境が整っていること、急性期から生活期まで見られることから2つの病院を見つけ、どちらを受けるか迷っています。 A病院 メリット:実家から1時間の距離 年間公休120日(5連休×2) デメリット:基本給が低い B病院 メリット:基本給が高い 教育体制、資格取得、研究の環境が優っていること デメリット:実家から高速使って3時間 (地方出身なので都会に出る感じ) 年間公休112日(三連休が年に一度) という感じです(どちらにせよ一人暮らしです)。 ・皆さんだったらどっちを選択するか ・年間公休112日は少ないのか、実際働くのに辛いのか 以上2点を中心に意見を頂きたいです。 よろしくお願い致します。

補足

尚、両病院とも有給消化率は良いそうです。

ベストアンサー

0

個人的にはBです。 年休112日は普通です。 多いところを見てしまえば、隣の芝生は青い と言うようにキリがないです。慣れです。 新卒のときは、教育環境が整っているところの方が良いです。 いろいろな病期を診ることができれば、知識や経験を積み重ねて後々OTとしての幅も広がるし、患者さんや利用者さんへも還元していけると思います。 なるべく楽して働きたいという人が増えていますけど、質問者さんは意欲があって向上心もあるようなので、若いうちに研究発表などを経験することは必ず糧になると思います。

回答して頂き、ありがとうございます。 私も初めは112日でもいいと思っていたのですが、120日を見つけてから揺らいでしまったのです。 ですが、新人時代は大変かもしれませんが楽ではなくやりがい(楽しさ)を重視してみようかと思います。

その他の回答(1件)

0

一般企業と同じです。基準は待遇より、経営母体がしっかりしていて、労働組合があって簡単にクビを切られないところです。

労働組合について記載がないので分かりませんが、そちらの方を気にしていなかったので参考にさせて頂きます。 文系大学の人は皆さん夏休みや年末年始休暇があって羨ましいなと思っていましたが、全員がそうではないのですね 回答ありがとうございます。