47歳男性で小学生のころ読んだ本についてです。

47歳男性で小学生のころ読んだ本についてです。 あるデパートに子供達が友人と一緒に出かけました。エレベーターが2機あり、片方に乗り最下階のボタンを押したのですが、着いたところは地下100階。この異空間で少し冒険をして無事に帰ってくるのですが、後で大人に聞くと、前からこういうことがたまにあるということ。 このような内容のたぶん児童書だったと思いますが、タイトルも細かい内容も覚えておらず、検索しても出てきません。どなたかご存知ないでしょうか?

読書24閲覧

ベストアンサー

0

加納一朗さんの「別世界行きエレベーター」はいかがでしょうか。学研から発行された1979年の『4年の読み物特集』に収録されていたようですが、年代は合いますか。現在は、『10分で読める冒険やまほうのお話』で読むことができます。 https://www.amazon.co.jp/dp/405203970X/ https://www.kosho.or.jp/products/detail.php?product_id=224270470

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 検索したらこの作品のようです。早速取り寄せてみます。

お礼日時:9/18 19:57