私も注文住宅を建てる事になりまして、最近ようやく一軒家の主人となる事が出来ました。

私も注文住宅を建てる事になりまして、最近ようやく一軒家の主人となる事が出来ました。 土地契約前に担当営業に購入予定の分譲地について質問すると「ここの分譲地は元々は田んぼで私共の会社が造成した土地です。土を30cmの間隔でローラーやダンパーで締め固める事を繰り返し周りの田んぼの高さから1.5mの高さまで積み上げている土地です。セメント改良などの改良工事等はしておりません。また、この分譲地でコンクリート杭をしているお客様はおられません。建築前にスウェーデンサウンデイング検査で地盤改良工事の有無を判断します。」と説明がありました。 結果的に地中3mの位置にN値が1.5の箇所がありコンクリート杭をする事になりました。 ここからが問題なんです。 家の引渡しが終わり住んでおり、外構工事に取り掛かろうと思い土を掘ってみると購入した土地全体に表層セメント改良の様な地質が出てきたのです。フェノールフタレイン溶液反応も出ました。土の色はセメントの色で灰色ですをツルハシでないと掘れないです。 土地購入前に虚偽説明されていた事(メールで確認したので文章で残っております。)表層セメント改良の土をコンクリート杭に混ぜても強度が保てているのか心配です。 周りに土木に詳しい方がいないので教えて下さい。 1.担当営業は、虚偽説明に当たるのか? 2.コンクリート杭の強度はセメント改良の土と混ぜても強度が保てているのか? 3.表層改良部分については家を何らかの理由で取り壊した際に産業廃棄物として処理しなければならないのか? 4.産業廃棄物だとしたら、住宅会社に費用を請求しても良いのか? 質問については4点です。 長々と申し訳ありませんが、ご返答して頂けると助かります。

注文住宅 | 不動産99閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

販売業者が表層改良工事をしたかどうかは不明です。 販売者の前に中間業者、それ以前の地主が造成した事も考えられます。 ここを調査しないと虚偽であるかどうか判断できません。 コンクリート杭の強度は出ているとおもいます。 しかし強度が出ていない場合でも、建築会社は歌詞担保責任を負担します。 表層改良部分を処分する際は、既に購入していますので、売主に瑕疵を証明しない限り、購入者から見れば、貴方様の瑕疵になります。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます

お礼日時:9/25 23:00

その他の回答(3件)

0

3と4のみ 3について 主様が個人的に壊すのであれば一般廃棄物です。廃棄方法は自治体に直接お問い合わせください。 4について このケースで産廃になるには、解体業者等に委託することとなると思います。その業者が発生させた廃棄物(すなわち産廃)は当該業者が責任を持って処分しなければなりません。その方法は当該業者に委ねられます。ただ経費は主様負担となります。その費用を請求できるかどうかはその売買契約に瑕疵があるかどうかではないでしょうか。

0

①知っていたか知らなかったかは確認しようがないですが、悪意はなく現場を知らなかったと思われます。 ②ソイルセメントで杭を形成したと言うことでしょうか? 強度が保てているかはわかりません。普通はそんなことしないと思いますので。 ですので、同様の試料を用いてソイルセメントを作成し、 強度が出るのか圧縮強度試験する必要があります。 (それでも間接的な証拠ですが) まともな会社なら、そのときの施工時の試験結果を保存しているはずです。 ③、④ そもそも発生させた建設会社が処分すべきものですし、それを含めた建設費ですので、 無料でやらせて下さい。 立て替えるとお金を貰えない可能性もあります。

条件付き土地を購入したので、この工務店さんでしか建ててはいけないという条件だったんです。 ②の件ですがセメントミルクでの深層混合処理工法(湿式柱状地盤改良工法)です。約4mの深さで29本です。 土地としては約150㎡、深さ推定1.5m〜2mが造成されています。 どの様にして損害賠償請求の見積もりを出したらよいのでしょうか?この工務店は信頼できないし、他の土建屋さんも一銭にもならない工事の見積もりを取りたがらないでしょう。お金を払えば見積もりをしてくれる? どのぐらい請求してよいものでしょうか?