サンライズ出雲・瀬戸は、何年後に廃止されると思いますか? よろしければ、理由とともに教えていただければ幸いです。

サンライズ出雲・瀬戸は、何年後に廃止されると思いますか? よろしければ、理由とともに教えていただければ幸いです。

鉄道ファン58閲覧

ベストアンサー

2

https://trafficnews.jp/post/82492/4 近年のJR各社の動向で 寝台特急を含めた夜行旅客列車は JR九州の「ななつ星in九州」・JR東日本の「TRAIN SUITE四季島」・JR西日本の「トワイライトエクスプレス瑞風」等のクルーズトレインや今年の9月11日に運行開始した「WEST EXPRESS 銀河」を除き 減便・廃止の流れとなっているのが見受けられます。 「サンライズ瀬戸・サンライズ出雲」はオフシーズン・オンシーズン共に少ないサンプル数にも関わらず (少なくとも)新型コロナウイルスの感染拡大前までは常に混んでいました。 利用者数からすればとても成功した列車では有るものの 使用されている285系は1998年の登場から20年を経過していて 車両の税制上の減価償却は13年なので 製造費用の回収は終わっています。 車両の耐用年数は20年~30年なので 使用頻度にも依りますが 285系は通勤車両のようにそれ程酷されていませんし 2014年~2016年に掛けて全(5)編成がリニューアル工事を施工したので少なくとも今後10数年は持つでしょう。 リニューアル工事を施工したのは『285系をまだまだ使用する』という意思表示と捉えるのが自然です。 しかし 乗客数が減る等の収益悪化がもしも起これば「サンライズ瀬戸・サンライズ出雲」の廃止時期にも依りますが 285系を団体臨時列車に使用する可能性も考えられます。 ただ 前向きに考えると収益性が見込めるならば老朽化した車両を新型車両へ置き換えるという経営判断も期待出来ます。 285系(2編成)を保有するJR東海は キハ85系ディーゼル車の置き換え用として新型ハイブリッド車両(HC85系)を特急「ひだ・南紀」に導入する事を発表し 同じく285系(3編成)を保有するJR西日本は 中期経営計画で 岡山~出雲市間の特急「やくも」に381系置き換え用として新型車両を導入する旨を記しているので 両社とも収益性を見込める列車には きちんと投資して行く方針なのが分かります。 話が逸れますが 夜行列車は かつて長距離移動に欠かせない存在で 交通インフラが現在のように整備されていなかった時代には 長距離移動手段が鉄道に限定される事が多く 宿泊施設もかつては現在より少なく 宿泊費も割高だった事から 睡眠時間を移動時間に充てられる夜行列車は 時間や費用を有効に使える点で便利な存在でした。 しかし 1960年代になると 国内の道路網や航空網に加えて新幹線網が整備されて夜行列車より短時間で移動出来る手段が増加した事から夜行列車に陰りが見られ始めました。 又 全国各地にビジネスホテルが造られて 価格競争に依って宿泊費が値下がりする事に依り 出張先で宿泊するのが一般的となり 夜行列車を利用するメリットが薄らいでしまいました。 ですが JRの前身で有る国鉄は夜行列車の廃止に依って旅客が他の交通にシフトして鉄道全体の利用者が減る事を危惧した為 一部夜行列車の車内設備を改良して利用者減少の歯止めを掛けようともしていました。 1980年代後半のJR発足後 寝台特急「北斗星」等の豪華寝台特急が誕生して人気を博した事で夜行列車が一時的に息を吹き返したようにも見えました。 当時は空前の好景気や青函トンネルの開通という大きな出来事も重なった為 北海道と本州を結ぶ寝台特急は車内設備やサービスの質の高さが注目されて 時代が求めるニーズを見事に掴む事で多くの人に支持されたものの 1990年代以降は 豪華寝台特急ですら利用者が減少し 夜行列車が次々と廃止されました。 豪華寝台特急の人気が下がった背景には バブル崩壊で節約ムードが蔓延した事や価格競争に依る航空運賃の実質的な値下げで海外旅行が身近な者となり レジャーも多様化した事等が挙げられます。 1998年7月に運行開始した「サンライズ瀬戸・サンライズ出雲」の前身は「瀬戸・出雲」で有り これ等は寝台特急の中でも比較的安定したニーズが有って環境が恵まれていた事から 運行を継続する意味が有ると判断されて車両更新に踏み切り プライバシーに配慮した個室寝台が中心の寝台車両を新たに開発し「出雲」の14系客車・「瀬戸」の24系客車を置き換えて新時代のニーズに対応したのが285系です。 しかし 前述の通り 285系は製造から20年を既に経過し その間に他の交通手段が更に発達した事から 仮に後継車両を導入せず「サンライズ瀬戸・サンライズ出雲」を廃止する場合 理由として『今後は人口減少・地方衰退で鉄道の経営環境はますます厳しくなり 寝台特急の車両更新に踏み切る余裕が無くなる』のが考えられるでしょう。 何年後に廃止されるかは具体的な断言は出来ませんが 285系がリニューアルしたので今後10年程度は持つにしても 「サンライズ瀬戸・サンライズ出雲」の利用状況に依ってはその列車自体が後10年も存続するかは分かりません。 https://media.moneyforward.com/articles/3250

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。今後10年は廃止される可能性は低そうだが、その後は今後の情勢次第ではわからない、という理解をしました。

お礼日時:9/20 8:23