安倍前総理が靖国神社を参拝 。 2013年12月以来およそ7年ぶり。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

1

祖父[岸信介]の墓参りでしょ あの戦争で玉砕・特攻で戦死した本当の英霊はとっくの昔に故郷に帰っている 靖国には遺骨は一体も無く、名簿だけ 本当の慰霊なら、天皇陛下のように隣の「国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑」に行くべき 靖国は単なる憲法改正を叫ぶ右翼の殿堂で、海外からは「戦争神社」と呼ばれている

1人がナイス!しています

1

日本の国は天皇とか施政の主はやたらとあちこちに行くもんじゃありません。 だから天皇は勅使を立てて参拝とし、勅弊社があります。時の将軍や首相だけではなく各藩の藩主もあまり自身では参拝はせず代理を立てるのが慣習となっています。 安倍さんも首相という施政の長を辞めたのでやっと自由に参拝ができる「首相ではないから代理を立てる必要がない」という事なわけですよ。 だからやっと自身で参拝できるようになったことを祝ってあげると同時に労うのが日本人として当然のことです。

1人がナイス!しています

0

靖国参拝が外国から非難されるのは、どう考えてもおかしい。 でも・・でもですが、この人って自分が総理の時には余計な火種を作らない為に参拝を控えていましたよね。 毎年参拝していたのならまだしも、退任直後にいきなり参拝したら、諸外国に何を言われるか理解できないんですかね。 その批判を受け止めるのは新内閣。 ちょっと配慮がなさ過ぎる。 せめて今年は我慢して、ほとぼりが覚めてからにしろよと言いたい。 過去の英霊とやらも、そんなせっかちではないでしょうから、1年くらい我慢してくれますよ^_^

0

在任中に行かないという誤った配慮は、日本自ら靖国カードの有効性を中韓相手に認めているのと同じ。立場に関係なく、行くなら行く、行かないなら行かないを徹底すべき。辞めた途端参拝する今回の対応は一番まずい。