自転車初心者の大人なのですが変速機について質問です。 通販で届いた自転車が、6速のところにカーソルがあっている状態で届いたのですが、

自転車初心者の大人なのですが変速機について質問です。 通販で届いた自転車が、6速のところにカーソルがあっている状態で届いたのですが、 普通は自動車と同じで1速から漕ぎ始めてシフトアップしていくのでしょうか。

ベストアンサー

0

いいえ、自分が使いやすい4速とか5速とかに最初から合わせておいて、坂道とかになったら変速するといった使い道が普通です。

その他の回答(5件)

0

人の力は自動車と違って千差万別です。 なのでたいていはギア比がワイドにできていますし、急な坂でも対応できるようなギア(普段使わない)がついていたりします。 効率的な乗り方(スポーツバイク的)としては、発進時に負担のない軽めのギアで発進して、脚の回転数が上がり切ったら次のギアに切り替えます。それを繰り返して速度を上げていきます。逆に坂などできつくなって回転が落ちてきたらギアを下げます。 ただ短距離なので面倒なら、一番自分が使いやすいギアを見つけたらほぼそのまま乗っている人も結構いますけどね(そのギアでどうしようもなくなってからギアチェンジ)。

ここがわからないのですが、 軽めのギア というと、たとえば6段ギアの場合、 4,5,6が軽めのギアということですか? 5→6と速度を上げて、 坂が来たら6→3、2,1に下げる こういうことですよね?

0

多段変速自転車の考え方はペダルの回転数(一般的に90回転/分)を一定にして地形に合わせて軽くしたり重くしたりするものです。その地形で90回転が維持できる軽さにすると考えればいいと思います。上り坂だと軽くし、下り坂では重くします。平地ではスピードが出てきたら一段ずつ重くしていきます。停止する直前には90回転が始められる段に戻します。

3

基本的には、そうですね。 ただし、自転車の1速と言うのは 凄くペダルが軽いので、2速とか3速で発進して、速度に応じて 自動車と同じようにシフトアップして行くのが 普通でしょう。どのギアで発進するかは、ご自分で色々やってみて、気持ち良く発進できる(重すぎず、軽すぎず)ギアを探して下さい。 尚、上り坂では当然シフトダウンする事になりますが、早め早めにシフトダウンして行くのが良いですよ(ペダルが重くて、苦しくなってからシフトダウンするのでは、遅いのです)。 面倒だから4速固定、だなんて言う人には、変速機なんて必要ありません。無用の長物ですね。

3人がナイス!しています

1

面倒なので、4速とかでほとんど固定です。

1人がナイス!しています