スピーカーを何十年ぶりに買おうと調べたところ、今の新しいスピーカーの裏側には

スピーカーを何十年ぶりに買おうと調べたところ、今の新しいスピーカーの裏側には 赤と黒の線を入れる穴がありません。アンプから出た線はどーやってスピーカーに繋げばよいのでしょうか? 浦島太郎状態で訳がわかりません。 どなたか、素人に教えて下さい。

オーディオ34閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

赤と黒のスピーカーケーブルを接続する穴がないスピーカーは、アンプ内蔵スピーカーだと思います。 アクティブスピーカー、パワードスピーカーと言われることもあります。 アンプ内蔵スピーカーには、電源コードが付いているので分かります。 アンプを内蔵しないスピーカー(別途アンプが必要なスピーカー)は、パッシブスピーカーと言われるタイプで、スピーカーに電源コードはなく、スピーカーケーブルを接続する赤と黒の端子があります。 これに関しては昔から同じですが、スピーカーケーブルを接続する端子の形は、メーカーや機種によって違います。

単体アンプを使う場合は、アンプ内蔵スピーカーは基本的には使えません。 アンプを内蔵しないスピーカー(パッシブスピーカー)をお使いください。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

よく解りました。たまたま見たのが、アクティブスピーカー、パワードスピーカーだったのですね。ありがとうございました。

お礼日時:9/19 22:49

その他の回答(4件)

1

スピーカーといっても色々な種類があります。 赤黒というのはパッシブスピーカーです。 他に アクティブスピーカー(アンプ内蔵スピーカー/パワードスピーカー) デジタル接続スピーカー(サウンドバー) bluetoothスピーカー WiFiスピーカー(スマートスピーカー) など それぞれ繋ぎ方が違うというか、繋ぐ相手が違います。

1人がナイス!しています

1

スピーカーを買うと取り扱い説明書が付いています。それを見れば繋ぎ方が分かります。

1人がナイス!しています

1

何十年も前から 今だって・・・ ほとんどは同じです。 +(プラス)と-(マイナス)の端子ですよ。 君が見たスピーカーが普通じゃないんだよ! (笑)

画像

1人がナイス!しています