ID非公開

2020/9/19 23:46

11回答

気象予報士試験を来年の一月末初めて受けるにあたり勉強のスケジューリングについて相談したく思います。

気象予報士試験を来年の一月末初めて受けるにあたり勉強のスケジューリングについて相談したく思います。 9月上旬に書店で参考書を数冊買い勉強を始め2週間近くが経過しました。一般科目から手を付け、1週間掛けある程度概念が分かったところに同時進行で専門科目の勉強を始めました。今日の段階で過去問の正答率は6〜7割で、過去問を解く→分からなかった所の参考書を捲る→解きなおす を繰り返している段階です。 さて、ここで質問なのですが確実に参考書の内容を叩き込んでから実技試験の対策を始めるべきか、実技を齧りつつ学科の対策を並行するか、どちらが良いでしょうか。 実技は学科の知識が十分備わった状態から更に慣れも含め勉強に時間を要すると聞きます。中途半端な対策が祟って学科も実技も6割しか取れなかった なんて事になったら最悪だけれど、もし兆しがあるなら一発で合格してしまいたいという欲があります。コロナ禍もあり休学中で暇な理系大学生です、毎日10時間弱勉強をしているので巷で謂われる1000時間勉強して合格というそれは数字だけで言えば実現可能だと思っています。 高校大学と推薦で入学したのもあり受験勉強のスケジュール感覚がいまいち分かりません。(きっと実技はひとまず見送った方が手堅いのでしょうが、、、。) 特に気象予報士試験に合格した方に是非お答え頂きたいです、よろしくお願いします。

資格 | 気象、天気48閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

学科だけに集中してやりましょう。実技は学科の内容を特に必要とします。今年の実技の問題では専門で習うブライトバンドの特徴を記述で答える問題が出ました。このように学科を完璧にすることで実技に必ず役に立ちます。 ですのでまずは学科だけ集中しましょう。一月末で両方の学科を合格し、免除になれば合格率は21%に跳ね上がります。それだけ学科合格済は有利ですので頑張ってまずは学科クリアを目指してください。

ID非公開

質問者

2020/9/20 0:55

回答ありがとうございます。 承知しました、そのようにしたいと思います。大変参考になりました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました ♂️

お礼日時:9/20 0:56