アップルのリンゴマークは

アップルのリンゴマークは アダムとイブのアダムがかじったリンゴですか? それとも意味はない単なるデザインですか?

宗教 | iPhone17閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

アップル社のりんごのマークは、ニュートンが林檎の木の下で万有引力の法則を発見した、という故事に由来しています。また、りんごがかじられたような形になっているのは、パソコンの容量を表す単位のバイト(byte)が、英語の他の意味ではかじる(bite)になっていて、これと引っ掛けたと言われています。りんごが虹のような色になっているのは、りんご(アップル)が虹のようにきれいに大きく成長することをもじっているらしい。りんごのマークの由来には、もう少し詳しい話があります。 Apple社の創業当時のロゴマークは、ニュートンがリンゴの木に寄りかかって、本を読んでいるところをモチーフにした絵でした。しかしこれでは堅く、面白くないと考えた創業者のスティーブ・ジョブズは、あるデザイナーに新しいマークを依頼しました。それがりんごの右側に一かじりを加えたマークで、一かじりを意味する “a bite” とコンピュータの容量の情報単位 “byte” をかけたものでした。最初はマークはモノクロでしたが、ジョブズが、さらに新しいApple IIのカラー出力をより印象づけるため、カラー化を図り、6色の横縞のレインボーカラーがりんご追加されました。その後ジョブズは一旦アップルを去りましたが、1997年にジョブズが暫定CEOとして、Apple社に復帰するまでの間は、6色で塗り分けた横縞模様が入っていました。しかし現在では、そのカラーは廃止され、ジョブズの意向により、単色のりんごのデザインのマークに変更され、使用されています。

1人がナイス!しています