ジャンプ漫画家で一番稼いでいるのは誰だと思いますか?

ジャンプ漫画家で一番稼いでいるのは誰だと思いますか? 自分の候補は3人います。 ドラゴンボールの鳥山明先生 ワンピースの尾田栄一郎先生 遊戯王の高橋和希先生 おそらくこの中の誰かだと思います。

コミック | アニメ129閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

3

鳥山明先生だと思います。 関連作品なども含めると売上はドラゴンボール>ワンピース>遊戯王です。他のジャンプ作品だとパチンコマネーなどで北斗の拳も入りますが、どの道ドラゴンボールには及びませんし、そもそも原作と作画の共同創作なので分け前もその分減るでしょう。 しかも鳥山明先生は有名ゲームのデザイン、社会現象を引き起こしたDr.スランプの原作者でもあるのでなおさら。

3人がナイス!しています

その他の回答(7件)

1

鳥山明先生でしょうね。 漫画以外でのデザイン業とかの稼ぎもデカいですし。

1人がナイス!しています

1

日本のアニメで一番利益を上げてるドラゴンボール

1人がナイス!しています

2

漫画も凄いが、漫画以外の収入を含めて鳥山明先生を超える人はいません

2人がナイス!しています

2

鳥山明さんの1987〜2005年の平均年収は約7億です、この期間はドラゴンボールの連載期間や完全版コミックの発売も含みますので全盛期と言っていいでしょう 2005年以降やドクタースランプ連載時に平均年収7億以上と言うのは流石にないと思いますが、かなり甘めに見積もって1980年のデビューから現在までの平均年収を7億とすれば、約40年×7で鳥山明さんの生涯年収は多くても300億前後と言う計算になります、年収の推移を見ていると鳥山さんはドラクエやドラゴンボールのメディアミックスが強いとは言え、やっぱりメインはコミックの売り上げだとわかります 遊戯王の作者の1999〜2004年の6年間の平均年収は約6億です、これも凄いですが全盛期の平均ですから、2005年以降も年収6億を維持しているとは 思えませんし、仮に万一してたとしても生涯年収は120億程になり鳥山さんは勿論、尾田さんにも及びません もう一方のワンピースの尾田さんはコミック累計が4億7000万、これだけで単純に190億前後です ワンピースはドラゴンボール程、メディアミックスは強くないので、尾田さんよりは鳥山さんに軍配が上がりそうです 最後にコミックの売り上げだけの話でなく、グッズ等メディアミックス含むなら、北斗の拳の原哲夫さんのパチマネーはとんでもない額になってる筈です、パチンコやスロットの版件は額が決まっていないので、予測が難しいですが最低でも150億、最大500億などとも言われていますw

2人がナイス!しています