離婚をして母親側に親権が言った場合父親は成人するまで?に大体いくらいの慰謝料、養育費を支払うのですか?

離婚をして母親側に親権が言った場合父親は成人するまで?に大体いくらいの慰謝料、養育費を支払うのですか? 状況的には ・子供は1歳ぐらい。 ・原因は旦那が仕事に勤めてもすぐやめてしまう ・家族に仕事にいくと嘘をついて遊びに行ってしまう(女性との遊ぶではありません) です。 また、養育費は「この子がピアノを習いたがっているから月謝の半分も含めてね。」などできるのですか? 成人までだと高校などで公立、私立と学費が変わると思うのですがその場合もその学費に合わせて高くなったりするのでしょうか? 成人までだと大学の費用や成人式の着物を買うならその分もその時期になったら振り込む養育費に入るのですか? 場合によりバラバラだとは思いますが大体このぐらい、などの回答お願いいたします。

ベストアンサー

0

慰謝料は継続して払うものではないと思いますので養育費について。 養育費は、双方の親(子どもの父親と母親)の所得で決めます。 いつまで、というのは、双方の親の最終学歴を基準にするようです。 両親ともに大学を出ているなら、子どもも大学に行く前提で。 20歳にしてしまうと大学在学中になりますので注意が必要です。 習い事や私立校については、 非親権者がそれを望むならともかく、 そうでないなら、相手が納得しないと難しいというか、 基本的には受け取る養育費と、育てる親の負担の中で できることをやるものではないですか? 普通の家庭だって、習い事や進路は家庭の経済状況も加味して考えますよね。 都合よく非親権者がポンと出すなんて、おかしいでしょう。 月5万円で決まったら、親権者も5万円負担するということです。 そして実際のところは、親権者の負担のほうが多いです。

こんばんわ!回答ありがとうございます!!! 最終学歴で決まるんですか!?てっきり成人するまでと聞くので成人までだと、、、 確かに親権を持っていない人がポンと出してはくれませんね、、

ThanksImg質問者からのお礼コメント

一つ一つ丁寧な回答ありがとうございました!!!

お礼日時:10/4 8:15

その他の回答(5件)

0

養育費の算定表というものがあります。 ネット等で調べてくれば出てきます。 養育費の額で揉めて調停等をした場合には、その算定表を目安に額を決める為に使用します。 子供の年齢で額が決まる訳ではなく、子供を引き取る方と養育費を払う方の各々の年収によって、額が変わってきます。 例えばあなたが子供を引き取ったとしても、あなたの年収が非常に高ければ、受け取る養育費もそれほど高額にはなりません。(生活に困らないから) 逆に年収が低ければ同じ条件でも養育費はへ高くなります。 一度算定表をご覧になって自分の場合はどのくらいの金額が相場になっているのか確認することをお勧めします。 しかし、それ以前に夫がキチンと支払うかどうか疑わしい状況だと思われるので、あてにしないで自力で生活していくくらいの気概が必要かと感じました。 一応、養育費は離婚時に、何歳までに月々いくら払うといった内容を記載した『離婚協議書』を作成し、それを公証役場に持っていって公正証書化してもらっておけば、不払い等が途中で起きた場合に給料の差し押さえ等が出来るようになったかと思います。それらも含めてよく調べることです。

0

養育費のベースは双方の収入で計算されます。あくまで目安ではありますが、他にも回答があるように裁判所のサイトに養育費の算定表というものがあるので、参考までに見てください。慰謝料というのは配偶者に支払うべき時に支払うもので、養育とは関係ないものです。 そして、養育費を決めるときに、習い事の費用なども上乗せすることはできますが、養育費を払う側が認めない習い事であれば、上乗せすることは難しいでしょう。習い事は任意ですから。 学校の費用などについても、算定表では公立学校の費用は込みになっています。私立学校に行く場合も習い事と同様に、任意ですので、養育費を払う人が同意していないと要求は難しいでしょう。 具体的には、ご両親のお話し合いで決めればいいんですが、合意できないときには家庭裁判所で調停を行うことになります。

こんばんわ。回答ありがとうございます! 慰謝料っていうのはお母さんとは別に少額でも子供には支払われないんですね なるほど、じゃあ父親が「あの子がやりたいって言っているなら私も支払おう」ってなったら習い事や私立学校などの養育費は支払われるのですね。 詳しくありがとうございます!

0

そりや、言い値です。欲しいだけ要求しましょう。 決裂したら https://www.courts.go.jp/toukei_siryou/siryo/H30shihou_houkoku/index.html に従うことになるでしょう。 注意点としては、旦那の収入で養育費が決まる点です。 あと、旦那がばっくれたらいくら収入がよくてももらえません。 公正証書をつくりましょう。

回答ありがとうございます! 結構その、ばっくれてる?人はいるみたいですね、、 払わないじゃなく払えないなのかもしれませんが、、 養育費いくらのためにその分働く、、じゃなく いくら分働いている。じゃあ養育費はその半分。とかなんですね。 公正証書( ..)φメモメモ

0

父親の収入によって2万~100万と幅があるようなんですが 平均的なサラリーマンで、こどもは大学進学すると考えると 年間100万円ぐらいくれてもいいと思いますが、そこまで払っているのは稀なようです 親戚が離婚時に(ひとりっこ)20歳まで毎月10万円という取り決めをしていました 正直、子ども育てるにはそれぐらい必要だし、一緒に暮らしていたらその程度はかかるわけで 離婚したからって3万でいいでしょ、って無責任だろうと思います。 半数以上は全く払わないそうです

回答ありがとうございます!! 二万から百万!?すごい幅があるのですね! やっぱり子供が男か女かでも変わるんでしょうか?よくおばあちゃんが「女の子は金がかかる」と言っていたので、、 半数以上も払わないなんて、、無責任ですね。。払わないじゃなく払えない、、なんでしょうか。