回答受付が終了しました

会社の飲み会や接待って必要なのでしょうか?

会社の飲み会や接待って必要なのでしょうか? 飲み会って嫌々参加って人が多いやろうし仕事終わりにプライベート犠牲にして参加させられるって不満が出ると思いますけど コロナ渦で飲み会なくなって喜んでるって書き込み良く見ますし 接待はどうなんだってなると思いますけど受ける側からしても必要だから契約するわけであって接待してもらってもありがた迷惑じゃないでしょうか? 仮に私が経営者や決裁権所持者だとして取引先から接待受けるってなったとしても内心はお節介だなって思いますが それだったらなにか取引先に菓子折渡すか袖の下渡すかの方がどっちにとっても手間が省けていあでしょうけど 無駄金使って時間も無駄にしてるってこと気づかないんでしょうか?

1人が共感しています

回答(11件)

0

必要だから今まで行われています。 自分の仕事に責任を持つ立場になると分かると思いますが、 仕事相手を「信頼」出来るかってかなり重要です。 ホラ吹きの部下に重要な仕事を任せて、失敗したら自分が責任に問われます。 明日辞めるかもしれない同僚に仕事を任せて、本当に辞められたら自分でリカバすることになります。 無能な上司に従って10年過ごしたら、何の成果もあげられないままキャリアが過ぎてしまいます。 この人にはどこまで仕事を任せてよいのか。あるいは任せちゃダメなのか。 単純に能力や金額だけでなく、そうした「人格」も仕事を任せる上では重要な要素です。 もちろん、酒を一緒に飲んだからといって人格全てが理解できる、とは言いません。 ですが会議室で素面で「大丈夫ですか?」と聞いたら、誰だって「大丈夫です」というに決まってます。 居酒屋で仕事論とか、将来のこととか、家族の話とか そういう雑談の中から、こいつの考えは自分と近いから信頼できる、とか 独立志向が強いから仕事は出来るが何時までも頼っていると危ない、とか 家庭優先だから仕事量だけ調整してやれば重要な仕事もきっちり果たせる、とか 接待についても同じで、接待を受ける側というのは仕事を「任せる」立場です。 接待を受けた人は自社内では責任者なんですから、任せた仕事でミスをされたら、自分の責任問題になります。 単に安い所に頼むだけなら、発注側の担当者の存在意義はありません。 本当に仕事を任せるにたる、信頼できるところなのか。 だから本来の接待というのは、接待する側が「自分達は信頼出来ますよ」とアピールするための場です。 別に担当者に良い思いをさせて、気分良くハンコを押してもらうための場所じゃありません。 ですから、意味があるのは仕事関係者と「相互理解」を深めることです。 飲み会はあくまで手段の一つ。 相互理解が深まるなら、フットサルでもFPSでも同じです。 逆に言えば飲み会に行っても相手と理解を深めようとしないなら意味はないです。 そういう意味では嫌々参加する飲み会に意味はないですね。 ただ、飲み会とかで相互理解を深めていない人は重要な仕事を任せてもらいにくいです。 それは仲の良い人を贔屓しているからではなく。 仕事に対する姿勢も、責任感の強さも良く分からない人に重要な仕事を任せられないから。 重要な仕事を任せてもらうには、自分が信頼に足る人材だと伝えなければいけませんよ。

ちなみに。 当然ですが他の場所でしっかりと相互理解が出来ているなら飲み会なんて不要です。 それが理想でしょう。 ですが、社員全員きっちり相互理解が図れている会社なんて普通ありません。 せいぜい一部の意識高い系ベンチャーぐらい。 その場合でも、社外との相互理解は別に設ける必要があります。 それはフットサルでもFPSでも構いませんが、それらは興味の個人差が大きいです。 趣味が合えばいいですが、誰ともでコミュニケーションできるツールとはなりえません。 尤も汎用性が高いのが酒=飲み会、もっと言えば食事会です。 食事は生きていれば誰でもしますから。 ですから、飲み会で相互理解を図る人が多い、ということになります。

1

接待は必要悪です。 親しく、付き合っていると気心が知れて来ます。 例えば、過去の日本の総理は、毎度のように変わっていました。 これでは、お互いの気持ちが解りません。 付き合いが長いと双方の考え方が理解出来ます。 彼なら、奴なら、嘘は付かない。 彼の言う事は信用出来る。 と、なります。 これは、ある程度の役職や裁量権を与えられたら、良く判る事です。 例えば、私の場合は某食品会社の賞味期限ギリギリのカップ麺が6トン車で1台分有り、 廃棄に莫大な費用が必要になる。 容器、麺、スープ、フィルム、を別々に仕分ける人件費と、廃棄料金です。 これを5円で買って国内で流通させずに、海を渡れらせ返品が無い国に送れば、担当者も会社も損は出ません。 私は、10円で売れば、私の会社の利益になるし、先方も安く買えます。 三方丸く収まります。 その為に常に信頼関係を持つ事となります。 潤滑油ですね。

1人がナイス!しています

2

私はアルコール類が飲めないので気持ちはわかります。 ですが、接待目的やコミュニケーション目的の飲み会は あっても良いと思います。 一緒に仕事をする同僚、仲間や取引先の担当者とは 本音を含めてコミュニケーションできた方が色々と うまくいくとおもいます。 他にそういうことができる手法があるのなら それをすれば良いと思いますが、手っ取り早く あまり金をかけず、時間をかけずにできる 方法ありますか? 仕事以外のことを話したり、聞いたりして 相手のことを知る機会ってありますか? 何考えているかわからない人と仕事したいですか? 知らないよりは知ってる人の方がよくないですか? ということでやらないよりは飲み会した方がいいです。 但し、やり過ぎはよくないです。仕事にも影響するし。。。 適度なコミュニケーションは是非やるべきです。 それすら煩わしいのなら、在宅ワークしてれば いいんじゃないですか?

2人がナイス!しています

1

会社の飲み会について 2種類に分かれますよね? 1.職制含めたイヤイヤ・仕事関連飲み会、 2.同僚や仕事上の仲間の飲み会、 1.は休止歓迎ですね 、2.はしたいですねオケとかハシゴ酒 どちらも会社の飲み会ですが、あなたのいうのは1.や接待 接待は、一般的に犯罪に抵触しますから以前から減ってるはずです 「依頼を受けるために金品を渡す=贈収賄」いっぱんに会食に 2,500円、ビール1本を越えると、贈収賄で告発できます 歌詞折にしても袖の下にしても同じです、犯罪です 接待の風習が残っているのは政治家かと思っていましたが民間でも まだそんな危険を冒してまで仕事を取りに行くとは驚きです まだまだ、水面下ではあるのですね ちなみに業種はなんですか? あなたはそこの正社員ですか?

1人がナイス!しています

1

それは接待を受ける側の感想しだいなので・・・・ 接待を受ける側の社長さんとか、高齢の方も多いので、接待を必要って考える人もまだまだ居ると思いますよ。 20代の人が社長になったころには、要らないというかも知れませんが。 でも受ける側になればやりたい放題できる場合もあるので、喜んで受けるって人も居るでしょうし・・・・。

1人がナイス!しています