ID非公開

2020/9/23 21:24

55回答

日本競馬の血統でどの産駒がロンシャンの馬場で通用しそうですか?

日本競馬の血統でどの産駒がロンシャンの馬場で通用しそうですか?

競馬35閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

「ハーツクライ」か「ステイゴールド」産駒でしょうか ハーツクライの「母父トニービン」は凱旋門を賞制覇してます また自身も海外成績も残してますね(ドバイシーマC、KGVI&QES3着) 余談ですが「リスグラシュー」のヨーロッパでの走りを見たかった・・・ ステイゴールドの母系は、もろヨーロッパ血統 この父は言わずもがなオルフェーヴル 血統的観点において父(種牡馬)より母系の方が重要です 母がヨーロッパ色が強ければ面白いですが、 ただ日本の超高速馬場では力が発揮できないという矛盾 もし血統に興味があるようでしたら、 母方の配合されてきた種牡馬を見てみると面白いですよ

その他の回答(4件)

0

キズナ! 日本ではパワー寄りな感じが、向うでは丁度良いのかも。 キズナ自身もニエル賞を勝ちましたし、 凱旋門賞4着も立派なのかもと思いました。

0

これ難しいんだよね。 サトノダイヤモンドは無理でもマリアライトなら行けるかも? どちらもディープ産駒だけど、中身がまるで違う。 亀谷なんかも通用すると豪語してるけど、実際ディープ産駒は非力でハイペースにも弱い部分が露出している馬が多いので、通用するとは言い難い。 かと言って、ゴールドシップ産駒みたいな脚の遅いトラクターみたいな産駒連れてってもスピード負けしそうだし。 今1番可能性有るなと思うのはクロノジェネシスだと思うので、バゴ産駒で宜しく。 結局ヨーロッパの力借りるんかい!

0

ディープインパクト 実は欧州デビューしているディープインパクト産駒の方が成績が良い。 先のことはわかりませんが、欧州でG1馬を4頭も出せるのはディープインパクトだけでしょう。