来年、65歳でシニアを退職します。

来年、65歳でシニアを退職します。 企業年金を全部年金にすると、公的年金と合算して、税金がかかるので、必要分を年金にしてのこり1500万円を現金化しようと思ってます。 当面必要ない資金なので、安心で1~2%(高い方が良いが)の運用法を教えてください。 他に、国内株式1000万、外貨預金500万で運用中です。

年金81閲覧

ベストアンサー

0

> 必要分を年金にして この結論はどのように出されましたか?? 1.本来の退職金のみでの課税額 2.本来の退職金のみ+一括受け取り分の企業年金での、課税額 さらには、 3.厚生年金だけの受け取りでも、課税されるか? (いわゆる211万円の壁からどのくらいの差があるのでしょう。) 企業年金が無ければ非課税世帯、企業年金が有れば課税世帯。 これによるメリット、デメリットの確認はされましたか? 厚生年金のみで非課税にならないなら、 企業年金を年金方式で受け取れば、企業年金受取額全額に25%以上の税がかかる場合もあります。 内訳は、所得税5%、住民税10%、健康保険料+護保険料10%以上、 さらには、医療費、入院一カ月が5万円で済むところを10万円以上の支払いになる。 つまり、一括受取なら利息のない預金でも、差額は25%以上の利息と同じ これほどうまみのある運用はない。 私なら、利率固定の外貨建て個人年金を複数契約検討します。 満期が重複しないようにして、一時所得の(-50万円/2)を活かして、利益への課税をミニマムにします。 為替リスクは、これまでの経験でゼロに出来てますが、 企業年金にするなら、その課税額は、為替リスクでても相殺で益有る。 今後日本が、円高で、為替損が莫大となる世界情勢ではなさそう。 円高なら、年金カットが無い限り、安泰。 むしろ円安になりかねない。

ありがとうございます。 退職金は、すべて現金で受領し、税金はゼロでした。 予定支出の残りを、定期預金、外貨預金、企業年金の一時払いにしました。 来年3月シニア退職なので、企業年金は、1500万円を現金で解約して、残り500万円を10年確定年金にして、5万円/月ほどになります。 公的年金は、240万/年ほどあり、上記の企業年金を60万/年足しても、配偶者と実母の控除でほぼ、ゼロと予定しております。 予想は当たっているでしょうか? そこで、手持ちとなる現金について、ご紹介頂いた、金利固定外貨建てを検討しよう思います。 ご丁寧にありがとうございました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ぼんやりしていた老後の税金のことが、はっきりしたので、現金化して運用をアドバイスを含めて、暇に任せてじっくり、楽しみながら考えます。 ありがとうございました。

お礼日時:9/25 23:02