普通の登山をするとしたら、狐、狸、鹿等の野生動物を見るのは稀ですよね? 登山道近くには野生動物は寄り付かないですか?

普通の登山をするとしたら、狐、狸、鹿等の野生動物を見るのは稀ですよね? 登山道近くには野生動物は寄り付かないですか?

補足

私の認識が誤ってました。観光地化された山しか行かないからでしょうかね。

動物 | 登山159閲覧

ベストアンサー

0

質問者様の育った場所、住んでいらっしゃる場所にもよると思います。 それと動物行動を知っているか、どうかで違うと思います。それと動物とどう接したいかにも。 普通の登山しても、シカ、カモシカに私はよく会います。シカ、カモシカは意外と登山道を使っています。糞と草木の枝からあの子達の通った跡を見つけてみてください。最初は知っている人に見てもらうとすぐわかります。シカ、カモシカは同じ道を使うので獣道がはっきりしているし、糞をたくさんするので。 会いたいのでしたら、あの子たちよりもこちらが最初に気づいてあげてください。でないとどんどんと怖がるところまで入っていっちゃいますから。だいたい1キロ先ぐらいからがいいです。相手次第で100メートルぐらいからでも大丈夫の時もあります。次に会ったら、驚かさずに相手に会話をする意思があるかどうかを完全に固まって確認してください。 次に挨拶はまず会釈からです。会釈をして相手の行動を見ます。まだ注視しているようなら再度、会釈をしてこちらに会話の意思があることを示します。次に草を食むように下を向いて、あとゆっくりと相手の様子を確認後、再度、会釈をします。ちなみに奈良のシカが会釈するのはもともとシカの仲間共通の挨拶方法だからです。 大きな足跡は厳禁です。片足ドンの足踏みは天敵がいるよ、早く逃げて、です。これと似たボディランゲージも出してはだめです。あとは相手を真似ながら、会釈を繰り返しながら相手が近づいてくれば、こちらから近づいても大丈夫。シカ、カモシカはこんなかんじに近づけば、相手も近づいてきます。ゆっくり、ゆっくりで。

シカに会う時刻は真っ暗になる前の夕方が最適です。カモシカと違って一頭いたら他にも周りにいると思って行動してください。他の子に危険人物視されると、その子も逃げます。キツネも。タヌキはちょっと行動時間が遅いです。タヌキはゴミ捨て場にも現れるものがいます。キツネは行動予測不能(になるように行動しています)。会えればラッキー。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます

お礼日時:10/1 9:00

その他の回答(17件)

0

そうですね、見掛けるのは稀です。 鹿なら居る所には居るので、そこに行けば高確率で見掛けます。 夜は鳴き声がコダマしてるような所もあります。

0

潜んでいるか、気配を察して逃げてしまっていますね。 兎がすごい勢いで逃げ去る姿を目撃したりします。 オコジョが岩陰から顔を出したり。熊臭かったり。 雷鳥や猿などは隠れないみたいですが。蜂や蛇も? 蛇は目の前を横切ってスルスルッと逃げてくれるかな? アブなんか逃げないで寄ってくるし。

0

狐・狸・鹿・二ホンカモシカ・猿・雉など山に行けば普通に見ますが?

0

こんばんは。 私は奥武蔵がホームですが、里山でもカモシカがいたりします。 それほど山深くないところなんですがね。キツネやタヌキにはお目にかかったことはないですが、鹿・イノシシはたまに見かけます。まれに熊も。 登山道では見かけないという人もいますが、そんなことはないのですよ。 いつも一人なので、合う機会は多いのかも。 でも、熊にはもう会いたくないです。

0

登山道を下って来るイノシシ君が居まして、エサ探しに夢中です。 そこを登っている私は「おいおい、普通は気付くだろ」って、だけど気付いてくれないから正面衝突する射程に入って来た(笑) 「おい!」って声をかけると飛び上がって空中ターン(見事でしたよ) 斜面を駆け下りて行きました。 キツネは関西圏では減りましたね。 山で遭遇したのは2回だけ。 鹿は増えすぎてややウンザリです。