日本で絶滅した動物を環境が似てる外国から持ち込み日本に離したら根付きますか?環境に慣れず絶滅しますかね?

日本で絶滅した動物を環境が似てる外国から持ち込み日本に離したら根付きますか?環境に慣れず絶滅しますかね? オオカミ、カワウソ、他動物など。

動物 | 水の生物90閲覧

ベストアンサー

4

かつて日本にも沢山棲息していたトキは、その地域で暮らす留鳥が主で、国内の一部を彷徨う漂鳥も一部にいました。 実は中国大陸に棲息していたトキの中には長距離を移動する渡り鳥も居て、その一部は日本にも渡来していたと考える研究者もいます。 ですから新潟県の佐渡や韓国でもトキの移入が行われて徐々に増えている点からすれば、多少の困難はあっても可能と云うことになります。 しかし、かつて日本にも当たり前に棲息していたトキの減少の原因となった環境破壊などを解決しなければ、元の木阿弥になってしまいかねません。 さて質問で例示されていた種に関しては ・オオカミ ニホンオオカミは、遺伝子的に極近縁のオオカミを移入することで、シカなどによる獣害は解決すると考える方々、団体もあります。 しかし、移入元の気候の、環境、面積、管理の問題について『問題は無い』『管理は税金を財源に公的に行えば良い』と述べるだけで、経費の試算すら発表していないので、今のところ問題山積だと思います。 従って是非については、否定せざるを得ないと考えます。 ・カワウソ ニホンカワウソの代わりに、朝鮮半島からカワウソを移入する件は、遺伝子撹乱、在来種への影響の有無が判りませんので、現状ではムリだと思います。 ・その他の動物 移入種については、昔、ハブ対策でマングースを移入した専門家も、マングースがハブより捕獲しやすいヤンバルクイナなどを襲うことを予見出来なかった実例から、移入に関しては、数々の研究者、専門家、関係者による慎重な検討が不可欠だと思います。 さらにメディアなどによる偏った情報の発信、真偽の曖昧な情報や思慮に欠けた情報の氾濫は、事態の悪化を招き後々の大きな禍根となります。 その一つがアライグマで、子ども向けアニメでは、大人の思惑から不都合な事実の代わりのエピソードにしたり、さらにはスポンサーの意向にそったストーリーを仕立て上げたりした結果、多数が移入されペットとして売られていました。 購入した飼い主達の多くはアニメでは解らなかった生態にアライグマをもて甘し、にがしてのあげよう……との理屈をつけて野外に遺棄しました。 そのアライグマが、現在は特定外来生物として駆除対象になっていますが、アニメ制作会社は今でもその著作権とキャラクター商品の販売で利益を上げています。 以上からも解る様に、動物の移入と定着は慎重に検討するべきでは無いでしょうか?

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます。 一度絶滅したら復活も色々難しくなりますね。

お礼日時:9/29 11:08

その他の回答(4件)

0

オオカミやカワウソなどの哺乳類が根付くのは簡単です。 駆除対象や狩猟対象にならなければ絶滅することもないです。 ですので、日本には現状で沢山の外来種がいます。(アライグマ、ヌートリア、チョウセンイタチ、タイワンリス、キョン、アカゲザル、ミンク、マングース等)

1

根付くのは根付くのでしょうが、たとえばオオカミを例にとれば、生態系を崩す恐れもあると思います。似ているとはいっても、ニホンオオカミは大陸にいるオオカミよりもかなり体型的には小さなものだったでしょう。詳しくは無いのですが、大陸にいるオオカミとは習性なども、まったく同じということはなかったのではないですか。今もし、大陸にいるオオカミを日本に根付かさせればどうなるかと考えると、たとえば本州のツキノワグマなども、ひょっとしたら絶滅するかもしれません。オオカミは熊に集団で襲いかかり、熊を食べたりしてしまうことも考えられるからです。繁殖力にしても熊以上だと思うので、人間にとって山がこれまで以上に物騒な場所になるのではないですか。 日本の国土に放つ動物によって違うかもしれません。

1人がナイス!しています

1

トキもそんな感じで増えてますからね〜。 日本には他の外来種も沢山いますし、正直イケるとは思うけど、それがイイのか悪いのかはまた別の話。

1人がナイス!しています