ID非公開

2020/9/25 5:51

77回答

創価学会という名前の由来はなんでしょうか?

創価学会という名前の由来はなんでしょうか?

宗教47閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

3

名誉会長以下 創価学会幹部の「財務の獲り分」かと 「相場ガッポリ」 その反対で末端創価学会員の心の声でも有るのか 「そうか、ガッカリ(TT)」 そうばー♪がっぽりー♪ そうかー♪がっかりー♪

3人がナイス!しています

覚醒して騙されていたと気が付いた末端創価学会員は 「そうだ、やっぱり」「そうだ!脱会!」 そうだー♪やっぱりー♪そうだー♪だっかいー♪ 脱会させまいと騙されたままの創価学会員が 「そうはさせまい」 そうはー♪させまいー♪ 騙された続けた老人学会員は寿命で全員が一斉に 「総勢 バッタリ」「総勢 ポックリ」 そうぜー♪バッタリー♪そうぜー♪ポックリー♪

ThanksImg質問者からのお礼コメント

本当に世の中からなくなってほしいですよね、皆様ありがとうございました

お礼日時:9/28 22:54

その他の回答(6件)

4

後に初代会長となる牧口氏は独自の教育学を構想し、その土台となる価値論を深く追求しました。 そのなかで、人間社会の中で価値を創造しゆく確固たる主体となりうる生命変革の原理と、そのための根本の実践をを明かした日蓮大聖人の仏法に出会い、昭和3年大聖人の仏法を継承した日興上人の流れを汲む日蓮正宗に入信しました。 後の第二代会長戸田氏は北海道から上京後出会った牧口氏と同年、日蓮正宗に入信します。そして東京都内の小学校で校長を歴任していた牧口氏のもとで教員として働きました。 「創価」とは「価値創造」の意味です。教育の目的、そして、人生の目的は幸福の追求にあり、その内実は価値の創造であるという牧口氏の思想が込められた言葉です。 この「創価」という言葉そのものも、牧口、戸田両氏の師弟の語らいのなかで生み出されたものでした。 創価学会は、そのスタートにおいて、「師弟一体」の魂の結晶があったと言えます。 当初は創価教育学説に共鳴する教育者の団体でしたが、やがて教育者以外の人々も加わるようになり、価値創造の根本ともいうべき日蓮大聖人の仏法を実践する団体となっていきました。 「創価教育学会」の名称は終戦後の昭和21年3月に「創価学会」に改められるまで続きました。教育改革だけでなく、広宣流布という全民衆の幸福と世界の平和を目指す目的に即しての改称です。 したがって「学会」というのは、価値創造の源泉である日蓮大聖人の仏法及びその根本である広宣流布について「学び合う会」というふうに理解できると思います。

4人がナイス!しています

2

朝鮮人がキリスト教をコピーしたのをごまかすために統一教会から家庭連合と名前を変えたように宗教なのを隠して勧誘するために学会という最もらしい名前を付けたんじゃないか?

2人がナイス!しています

2

読んで字の如くじゃないの? 価値を創造する。

2人がナイス!しています