皇朝十二銭について質問です。 古代の日本の貨幣は村上天皇の乾元大宝の後、豊臣秀吉まで全く作られていないのですが、これは何故ですか?

皇朝十二銭について質問です。 古代の日本の貨幣は村上天皇の乾元大宝の後、豊臣秀吉まで全く作られていないのですが、これは何故ですか? やはり日本で金銀銅を使って銭貨を作るのはかなり国にとって負担だったからでしょうか。 個人的には、院政期は天皇家が物凄く力を持っていた時期でもあるので、貨幣を作って自らの権力を誇示するような事は全然あってもおかしくなかったと思うのですが…

日本史18閲覧

ベストアンサー

1

>豊臣秀吉まで全く作られていない 戦国時代の甲州金(金貨)がありますが、本筋に関係ないのでおいておいて、 日中(唐宋元明)貿易が盛んになったことが大きな理由です。 中国は、売却代金として、日本の銭貨は一切受け取らず、砂金や中国が必要とする物産での決済を求めました。他方中国の貿易船は船底に大量の銅銭をバラストとして積み込んでいて、日本の物産購入の決済に使いました。 結果、日本は大変なコストがかかる銅山経営、精錬、銭貨鋳造から撤退して、中国銭を流通貨幣として使用することになりました。高価な品の取引には砂金が使われています。 その方がコストが安いからそうしたのであり、院政期から室町時代まで、この方針を取りました。 甲州金や秀吉の大判小判は、通貨のうち、砂金決済を効率化するためのものです。秀吉の大判は贈答品という性格も持っていました。 中国銭流通を止めたのは、徳川幕府の寛永通宝の発行です。これは幕府の管理貿易政策(いわゆる鎖国の実施)と深く関わっていました。国際貿易関係の変化が、日本の貨幣発行と深く関わっていたのです。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました。 やはり貿易で銭貨を手に入れた方が楽だからだったのですね……! 日本はある程度砂金が取れるにも関わらず中々金貨として利用されなかった理由や、豊臣の件も含めてかなり納得したのでBAにさせて頂きます( . .)"

お礼日時:9/28 0:03

その他の回答(2件)

1

貴族階層、特に上層部が貨幣の必要性を感じないどころか忌避したからです。 清盛が大量の宋銭を輸入して国内に流通させた時も上層貴族は毛嫌いしましたが、下の層は大歓迎。 たちまち全国に流通して、荘園の年貢も銭納が主流となり、土地の価値も銭の額で表すようになりました。

1人がナイス!しています

1

理由は大きく二つあります。 生産量の減少と需要の減少です。 銅山の産出量が減少する一方、仏教の隆盛で仏像・仏具のための消費量が増え、貨幣の生産量が減少しました。 また、貴族や寺社の荘園が広がりましたが、荘園は自給自足を原則とします。貨幣の需要が減少したのです。 これらから、人々は貨幣を使わなくなったのです。

1人がナイス!しています