ロードバイクやクロスバイクなどで山間の道路を走っていると、物凄いスピードで車線をはみ出したり、

ロードバイクやクロスバイクなどで山間の道路を走っていると、物凄いスピードで車線をはみ出したり、 カットインしてカーブを回ってくる車やトラックがいます。 山間の道でまるで自転車の存在など念頭にないのでしょうが、とても怖いです。 これまでも運が悪ければ跳ね飛ばされていたろうと思う場面が多々あります。 こういう場所で自転車に乗る方は、どういうことに気を付けて乗っていますか? 自転車に付ける照明・音響器具などで何か対策はありますか。

自転車、サイクリング | 交通、運転マナー441閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

3人が共感しています

ベストアンサー

2

僕は前後ライトの昼間点灯を心掛けてます。 確かにそれで事故を100%回避出来る訳ではありません。 しかし何もしないよりマシ。取り敢えずカーブミラーには移ります。此方の存在をアピールする事は出来ます。 後は「苦しい時の神頼み」ですね。

2人がナイス!しています

その他の回答(3件)

3

車を運転する側からすると、目立つ格好で乗ってほしいです。 皆さん結構暗い色の服が多くて、山道だと見えずらいんですよ。カーブや木が茂っていて日影が多くて、影に入られると暗い色は見えない。 明るい色の服を着たり前後ライトの点灯して欲しいですね。暗い色の服でも蛍光色の差し色が入っていれば全然違います。

3人がナイス!しています

1

取りあえず自衛として音に敏感になる事だと思います。少なくとも前から来る車なら前をあまり見ていなくても音で気づくと思います。早め早めに左に寄せる。斜度のきついところだとイン側はさらにきついのでダンシングに切り替えるとか。 自転車に音響器具?ベルトか付けても無意味だと思います。ライトは何個付けているからとか明るいから安全というのもないと思います(昼間なら)。前後1個づつで十分です。

1人がナイス!しています

2

取り敢えず、下り坂では100キロ以上は出さない様に抑える事。 カーブには限界に近い速度「コントロールできない速度」で入っていかない事。 音響やライト等はその対策にはなりません。

2人がナイス!しています