130マークXに乗られている方にお尋ねします。

130マークXに乗られている方にお尋ねします。 エアコンONで概ね60km/h以上で走行中、アクセルを離すと妙に減速感が強く、どうやら早めに自動シフトダウンが行われているようです。50km/hまで落ちると4速にダウンし、1400回転くらいまで上がり、これが不快です。 エアコンOFFの時は違和感は無いので、何かエアコンと関連しているのでしょうか。ディーラーに尋ねても故障とは言えず、明確な対処法は無いようです。 同じ症状を感じておられる方、原因の分かる方はいらっしゃいませんか?

自動車29閲覧

ベストアンサー

0

エアコンオンではパワーダウンしているのでオートマのコンピュータが加速しやすいようにオフの時より下のギアで引っ張ってシフトチェンジします。 その逆はエンジンブレーキもかかりやすくなり、それが不快ということにつながります。 私は不快ではありませんが。

ありがとうございます。この現象は、不思議と58km/h程度以下でアクセルを離しても、露骨なシフトダウンはせずスーッと空走するようです。 マークXのATは、『次の加速に備える』意識が強いのでしょうか。例えば、交差点を曲がった後など、30km/h以下の低速でアクセルを離している時に、再加速の為ふんわり踏み込んでも、やたらと低いギアにつなげるため、一時的に2000回転以上に跳ね上がる時もあります。以前に乗っていたJ31ティアナでは、そこまで違和感は無かったように思えます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お二方とも、回答ありがとうございました。

お礼日時:9/28 8:26

その他の回答(1件)

0

エアコンをONにすれば、エンジンがコンプレッサーを駆動するために5馬力程度を使うから、アクセルを戻した場合は、エアコンを使わない時より5馬力分のエンジンブレーキが掛かるため、減速力が強くなったと感じるが、これは異常なことでは無い。