国勢調査員というのがいます。何をする人ですか?

国勢調査員というのがいます。何をする人ですか? 調査票を配って、それを回収するだけの人、との認識です。それくらいなら、配布は役所から直接郵送で送れば良いだけだし、回収も郵送やインターネット回答させれば良いだけだし。 調査員の人件費のために、余計な金がかかっていませんか? 国勢調査員じゃなければ、うまく配布や回収ができないからこそ、調査員が必要なのだと思いますが、それを教えてください。 (国勢調査への批判は要りません。。。)

役所、手続き99閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

調査員です。 私も調査員を引き受けるまでは質問者様と同じような認識でした。 しかし実際に携わり、まだまだ人手を必要とする部分があることを知りました。 具体的には独居老人です。 ネットはできません。 郵送したくてもポストが近くにない、足が悪くポストまで行けない等の理由で調査員が回収せざるを得ない世帯が複数ありました。 郵送されても親戚知人以外からの郵便物は開封しないで捨てる方もいます。 それを避けるためには郵便局員手渡しの書留になりますがそれはマイナンバー通知の際に行い、不在で配達できずに多数が自治体に戻されたという結果になりました。 費用対効果の面だけを考えればネット回答すると紙の回答書はゴミになるだけだし無駄な費用になりますが、上記の一部の方々からも漏れなく回答を求めるのならば人手が必要です。 ネット回答は前回からの導入ですし次回には更に改善された調査方法が示されることに期待したいです。

なるほど、ネットがよく使えない人は沢山いるから、それをサポートしなくてはいけませんよね。よく分かりました。 よく聞くのが、自治体に住民票を登録していないような人に対しても、国勢調査は調査するから、なんて聞きます。 地方ならいざ知らず、東京のような都会は、マンション・アパートのどの部屋に人が住んでいるのか、なかなか分からないと思います。各地区には民生委員の方もいますが、だとしてもです。国勢調査員には、マンション・アパートの大家や不動産屋から、どの部屋に人が住んでいるのか、情報が渡されているのでしょうか? そうじゃなければ、単に、自治体に登録されている住民に対して、自治体が郵送で配るだけか、アベノマスクと同じで住民登録に限らず満遍なく全戸に郵送すればいいだけかなと。