正岡子規の句『鶏頭に霜見る秋の名残かな』を訳してください。よろしくお願いします。

正岡子規の句『鶏頭に霜見る秋の名残かな』を訳してください。よろしくお願いします。

文学、古典 | 宿題337閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

1

鶏頭の花は秋の季語で、霜は冬の季語ですが、 メインの季語は、秋の名残だと思います。 ああ、鶏頭に霜が降りてる。 もう秋も終わりなんだなあ。 そういう感慨です。 普通、季語は二つ入れてはいけないって うるさいくらい言われます。 でも、この句は三つも入っています。 鶏頭という秋の季語と霜という冬の季語が、 秋の名残という秋から冬への時の移ろいを表す季語によって 喧嘩することなくピタッと納まってます。 こういう句を見ると、あまりうるさいことは言わずに 季重なりの句も作ってみたいなと思います。

1人がナイス!しています

大変ご丁寧にありがとうございます!正岡子規は、『鶏頭』を使った句を他にもつくっているのに、この訳だけが見つからなくて(泣)本当に助かりました!ありがとうございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

子供の調べもの宿題が無事終わりました。ありがとうございました。

お礼日時:9/27 11:59