回答(7件)

0

厳しいようですが! これから洋裁をするのであれば、必ず覚えてください。 出来上がりの型紙に縫い代分をプラスして裁断するという意味です。 これが理解できないようでは、これから洋裁続けるの難しいですよ。

0

ピンクの枠のこと。 元々の型紙が多分、本線なのだと思うので、このまま縫うと縫い代がなく、より小さく仕上がってしまいます。 プラス縫い代を付けるんだと思います。

画像
0

縫うにあたり、余分なところが必要です。それが縫い代です。 たとえば、 余分なところが1センチある、つまり端から1センチのところを縫う。 それが縫い代1センチあるということです。 で、裁断(布をハサミで切ること)するときは、縫い代1センチを含めてハサミで切るということです。 縦4センチ横4センチのコースターを作るとします。 実際に出来上がった作品は縦4センチ横4ですが、裁断するのは縦5センチ横5センチです。 これのことです。

0

出来上がりサイズの型紙なので、出来上がり線の外側に縫いしろぶんを取って、裁断してください、という意味です。 型紙の通りに裁断すると、縫いしろ分、一回り小さい出来上がりになります。

0

縫い代は、つまり、縫い残りしろ の意味です、 最低でも、7ミリくらいは欲しいです 5ミリだとギリギリすぎるので 仕上がり寸法より、縫い残りしろを確保して、はさみなりローリングカッターで切ります。 意味は簡単ですよね