ID非公開

2020/9/27 13:48

55回答

日本がアメリカやロシアから石油を買わないのはなぜなのでしょうか?

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

中国の海洋進出の状況、仰るように危険ですね。 インド洋、東シナ海、オーストラリア当たりまでの太平洋を取ってアジアの覇者になる。 危険なので、安倍首相が2012年末に発表した日本の戦略が「日米豪印」4ヵ国体制という中国包囲網。トランプ大統領のインド太平洋戦略というのは、この4ヵ国体制を採用したもの。 当事者連合ですね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

他の方も含めて回答ありがとうございました。 比率を見るとアメリカに比重を置くのが難しいのが分かりますね。日本のエネルギー会社とかがアメリカの採掘会社を育てられるようになれば良いのですが… LNGなんかの太平洋のエネルギー資源に期待するしかないのかもしれませんね。

お礼日時:10/1 21:39

その他の回答(4件)

0

アメリカの方がお安いに決まっておる。だがそれだと軍隊を派遣する理由がなくなるからそうしないのだ。それ以外の理由は皆無だ。

1

米国はつい数年前まで長年に渡り、自国で採れた原油を輸出することを法律で禁じていました。 しかし、この原油安の相場がいつまでも続けば、米国の新興シェールオイル業界は立ちゆかなくなる可能性があります。 米国のシェールオイル業界は小資本の企業が多く、経営体質はそんなに強くありません。 トランプ政権は、CO2排出削減を目的とするパリ協定からも脱退してしまいました。 つまり、いつまた米国は原油輸出を禁止するかわからないわけです。 日本はロシアから原油を輸入したがっていますが、現在日本及びG7国はロシアに対して経済制裁中です。 日本はロシアとパイプラインを結んで原油を輸入しようなんて話が昔はありましたが、とうにそんな案は立ち消えてますね。 ロシアの原油を輸入するということは、ロシア経済を日本が支える役目になってしまいますので、経済制裁中には無理です。 よって少量なら知りませんが、安定的供給を考えるなら日本は中東から原油を輸入した方が良いのです。

1人がナイス!しています