ID非公開

2020/9/28 3:51

22回答

【日本史】江戸中期の幕府改革

【日本史】江戸中期の幕府改革 以下を読んで①〜⑧の空欄に適する語句を入れて下さい。 都市における消費生活の発達に反し、農村の窮乏化が著しく進んだことが、封建社会存立の基礎を揺るがし、17世紀末ごろより【(A)幕府・藩とも財政窮乏に陥った。】それを打開すべく、【(B)幕府・藩とも相次いで政治改革を行った。】そのねらいは【(C)農村の自給自足経済を維持し】【(D)商業資本の発展をできる限り押さえることであった。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【C】:享保の改革では年貢徴収量を増やすために農村・町人(商人)に対しどのような政策を実施しましたか。 農村→→→→① ●●●●●●●町人→→→→② ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【A】: 享保の改革では幕府の財源を確保するために大名に対して命じたことはなんですか→→→→③ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【A】:旗本・御家人の窮乏を救うために、幕府は実質的な借金踏み倒し法令を発しているが(享保の改革)と(寛政の改革)で出された法令は、それぞれ何ですか。 享保の改革→④ 寛政の改革→⑤ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 寛政の改革では、農村と都市(江戸)に対し飢餓対策として行った政策を挙げて下さい。 農村→⑥ 江戸→⑦ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【D】:田沼の政治は他の3つの改革とは性格を異にしているが、それは【D】とは逆の手法を取っているからである。具体的な政策を3つ挙げて説明して下さい。→⑧

日本史 | 宿題18閲覧

ベストアンサー

0

①定免法 ②町人請負新田 ③上米の制 ④徳政令 ⑤棄捐令 ⑥囲米 ⑦七分積金 ⑧ 幕府の財政を維持するため、商品経済に目を向けて、その流通過程に財源を求めた。 同業者組合である株仲間を奨励、銅・鉄・真鍮・朝鮮人参などを直営の座を設けて専売、運上金・冥加金を税として徴収した。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:9/28 7:45

その他の回答(1件)