ID非公開

2020/9/29 1:34

1616回答

どっちが本当ですか?

どっちが本当ですか? SONYのEマウントはAPS-C専用ではなく、 当初からフルサイズセンサー搭載を想定しています。 スチルカメラに装備する予定があったかどうかは知りませんが、 ビデオカメラ等SONYは映像機器を幅広く手掛けていて それらの多くにEのマウントを採用していますので センサーも当然フルサイズが想定されていました。 「Eマウントでは、35ミリフルサイズのイメージャーには対応せず、APS-Cサイズまでに限定しています。」 https://www.itmedia.co.jp/dc/articles/1006/22/news034_2.html 知恵袋の回答者と、Eマウントの設計者のどっちが嘘つきですか?

ベストアンサー

2

SONY Eマウントフルサイズ機のレンズキットを初期に使ったことのある人なら分かると思います。 あの画質では、SONYが冗談で作ったとしか思えませんでした。 何で中心から遠ざかると画像が爛れるのか。 分かったことは、ぼかしではなく色収差だったのです。 まともなカメラメーカーやレンズメーカーなら恥ずかしくて出せないと思うのですが、平気でやったんですから、そして売れてるらしいですから立派としか言いようがありません。

2人がナイス!しています

その他の回答(15件)

0

フルサイズが出た際のマウント開発者のコメントも読まないと公平な比較ではないのでは 無理だったらフルサイズにする際にマウントを大口径化しているでしょう

2

APSC用Eマウントレンズはフルサイズで使うとAPSC面積しか使わない。 APSC用のマウントが正解。

2人がナイス!しています

3

SONY Eマウントは最初はAPS-C専用設計なのは間違いないでしょうね。実際フルサイズだと四隅が干渉してるので技術的に解消しているのが分かります。 当時はフルサイズミラーレスの分野がなかったのでSONYが技術的にその分野に舵を切っただけの話。 フルサイズのレンズ作りが苦労されてる感じですかね。

3人がナイス!しています

2

少なくともEマウントが登場した当時は、たしか、 いろんな雑誌などに、質問の記事のように、 APS-C用に新規設計したと紹介されていました。 ビデオカメラと同一マウントにしたことが、売りだったと思います。 ビデオカメラ雑誌にも、交換レンズ向けの新マウント設計と 紹介されていました。 フルサイズが登場したのは、そのあとです。 (今となっては、どうでもいいことかもしれませんが。)

2人がナイス!しています

1

まあさすがに関係者を信用しますよね。 ただ単に、当初は想定していなかった事も、技術の進展により可能になったというだけの事でしょう。

1人がナイス!しています