ID非公開

2020/9/29 18:20

1111回答

ソニーの技術者が「Eマウントでは、35ミリフルサイズのイメージャーには対応せず、APS-Cサイズまでに限定しています」と発言しています。

ソニーの技術者が「Eマウントでは、35ミリフルサイズのイメージャーには対応せず、APS-Cサイズまでに限定しています」と発言しています。 https://www.itmedia.co.jp/dc/articles/1006/22/news034_2.html それにも関わらず最初からフルサイズを予定していたという過激なソニーファンがいます。ソニーは嘘を付いてまで宣伝して欲しいと思っていますか。

ベストアンサー

2

ID非公開

2020/9/30 1:08

まあSONYが嘘つくのはいつもの事なので。 最初はそういう風に思ってたけどNikon Fマウント程度の狭い欠陥マウントで良ければいいと踏んだのでしょう。 それを言ったらフォーサーズ規格だって46mmだからやろうと思えばやれる訳ですし。 大体いつもSONYってそうなんですよ。 今回の赤字誤魔化しもそういう嘘にまみれてますよね。 記事から抜粋 ↓ デジタルカメラ、テレビ、オーディオ・ビデオの販売台数の減少 https://www.sony.co.jp/SonyInfo/IR/library/presen/er/pdf/20q1_sonypre.pdf ソニーのカメラ事業の2020年度1Q決算はニコンを上回る大赤字に転落した模様なのだ カメラ、テレビ、スマホが三大事業のソニーエレクトロニクス部門は 1Qで91億の営業赤字だが、スマホは110億の黒字と説明されており カメラとテレビで差し引き200億の大赤字! しかも今回決算発表から突然デジカメの販売台数公表が中止されたのは 極端に都合の悪い数字は株主に隠蔽するソニーのいつものやり口で 説明会見で『デジタルカメラやテレビなどの台数減少の影響を受けた』と カメラが赤字要因の筆頭に挙げられてるのを見ても カメラ事業が酷いことになってるのがわかる エレクトロニクス部門の1Q赤字の過半がカメラで100億オーバーしたのは確実!これはニコンの1Q映像事業の営業赤字81億をはるかに上回る惨状なのだ 何かSONYだけは売れてる風に装ったり、台数出てα7Ⅲでデジカメ市場独り勝ちで圧勝ですよみたいな風潮あるじゃないですかw でも実態これですからね。 8年位前のソニー過去最高の大赤字5200億円の時も散々だったし。 そういう社風なのでしょうね。 それに加えてSONY信者はこういう実態なのに他に対して偉そうにコメントするですわ。 SONYとCanonとNikonの信者って自分のひいきを棚に上げてこれだから嫌いな奴が多い。 Canon信者もしょぼいのにカタログスペックだけで8段手振れ補正効くとか言って威張ってたり。エアプが世界一とかほざいてたりww カタログスペックだけで全然手振れ補正効いてねえしAFもダメじゃんwみたいな。 CANON R5 REAL LIFE VIDEO HONEST TEST. IBIS vs Olympus OM-D E-M1X https://www.youtube.com/watch?v=dk3_9gbnSJI

2人がナイス!しています

ID非公開

2020/9/30 1:12

>ソニーは嘘を付いてまで宣伝して欲しいと思っていますか。 まあSONYに限らずCanonもNikonの信者も実体のないカタログスペックだけでポジろうとする痛い奴多いですよねw そういう風に載せるのもミスリード口コミ目当てと思いますよ。 メーカーの故意犯です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

真実を教えていただき感謝します。ありがとうございます。

お礼日時:9/30 13:41

その他の回答(10件)

1

ソニー信者が多い知恵袋では何を言っても無駄かもしれないですね。 未だにSONYのホームページでサンプル画像に周りが暗く、拡大ができないような画像しか貼ってないのに、どうやって判断しろと? とてもCanonやNikonやPENTAXに比べて恥ずかしくて出せないのだと私は思っています。 まだ未完だということだと思っています。 20年後くらいにはキットレンズでも減光も色収差も無しのレンズがでるかも知れないですけど。

1人がナイス!しています

1

フランジバック長を無視して口径がFと同じだから問題ないとはなりませんよ。 Eマウントの設計者の話を嘘と断定して、Fと口径が同じだからフルサイズ対応だとか四肢落ちの暴論を押し通すのは、かなり乱暴ですな。

1人がナイス!しています

1

そのソニー技術者のAPS-Cサイズまでの発言はウソに決まってるでしょう。 EマウントもFマウントの金属部内径は同じ 46.7mm (1/20mm 精度)です。偶然の一致の訳が有りません。当時計測して直ぐに確信しました。 「ソニーはフルサイズを考慮してFマウントの内径にした」これが真実ですよ。

1人がナイス!しています

0

そんなもの、技術の進歩によって当時の想定以上のものができあがることなんてざらにあります。 オリンパスは2003年、従来の35mmフィルムカメラの形状だと斜めからの光をキャッチできないので、フォーサーズが最適だと公言していました。 しかし数年後にはマイクロレンズやイメージセンサーの改良によって、フルサイズでも斜めからの光をキャッチできるようになりました。 技術自体、犬の年齢と言われるほど飛躍的に進むことがあるので、数年前の常識が古くなります。