霧が出やすいのは季節は何ですか?

霧が出やすいのは季節は何ですか? 東名高速では夏、船橋では朝霧がでてましたが季節忘れました

天気、天文、宇宙 | 気象、天気17閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

4

霧は水蒸気を含んだ大気の温度が何らかの理由で下がり露点温度に達した際に、含まれていた水蒸気が小さな水粒となって空中に漂っているもので視程が1 km未満のものを霧といい、1km以上10km未満のものは靄です。 夜間に晴れて風が弱いとき、放射冷却等で明け方から朝の内にかけて霧が発生することが多いですので多い時間帯は明け方から朝の内です、太陽の日が差して気温が上がって行くと消えていきます。 しかし、霧が発生するのは明け方から朝の内ばかりでなく、気象条件で蒸気を含んだ大気の温度が何らかの理由で下がり露点温度に達した際はいつでも起こります。 又、雲もその中に含まれる水滴は大きいですが霧と同じものです 山などでは時間い関係なく雲がかかると視界が悪くなります、山や高原の地面に接する霧または雲のことをガスと云いますがこれも時間帯に関係なく発生します。 霧が出やすいのは地域、地形によって違います。 一番霧が発生しやすい地域は盆地です、季節は春や特に秋で時間帯は朝が多いです。 北海道の太平洋側は有名ですが夏の6月、7月、8月の夏の期間が多いです。 https://www.jma-net.go.jp/sapporo/tenki/kikou/tokucho/column_fog.html 瀬戸内海の濃霧の発生は、春の3月から6月頃にかけて最も多くなります。 https://www.jma-net.go.jp/takamatsu/11/spring1.html https://redkana.com/2019/10/30/noumu/

4人がナイス!しています

その他の回答(1件)

1

霧が出やすい季節は春と秋です。 中でも、秋が最も霧が出やすい季節です。 霧は秋の季語にもなっています。秋に霧が多い理由は、昼間の気温が高く、朝晩の気温がぐっと下がることで、空気中の水蒸気が凝結し、水滴となって現れやすくなるためです。 春や秋は、昼間の気温が上がり、夜の気温が下がります。 つまり、昼と夜の気温差が霧を発生させるのです。 昼に気温が上がることで空気中に大量の水蒸気が融け込み、夜に気温が下がることで空気中の水蒸気が凝結して霧が発生します。 夏は昼の気温が高く、夜の気温も高いので、夜になっても空気中の水蒸気が凝結しないので霧が発生しにくい状況です。 冬は昼も夜も気温が低く、空気中に溶け込む水蒸気の量が少ないので水蒸気の凝結も起きにくくなります。そのため霧が発生しにくい状況です。

1人がナイス!しています