なぜ3列シートのヴァンガードは復活しないんですか Start Your Impossibleには、過去に3列シートのSUVであるヴァンガードがありましたが

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

自販連新車販売データ(乗用車ブランド通称名別順位) 2020年1月~6月累計 http://www.jada.or.jp/data/month/m-brand-ranking/ アルファード 36,597台 前年比103.8% ヴェルファイア 10,697台 同51.5% RAV4 27,215台 同153.1% ハリアー 13,770台 同66.3% CX-8 7,064台 同47.8% この販売実績からも一目瞭然だが、トヨタ車のD・Eセグメントのラインナップでは、3列シート車はミニバン、2列シート車はSUVと棲み分けができている。国内乗用車市場のトレンドも、そのように形成されてきたものと思われる。 マツダCX-8は、国内乗用車市場ではニッチである本格的な3列シートSUVを狙って開発され、それなりの成功を納めているが、アルファード/ヴェルファイアが君臨し続ける限り、日本国内における3列シートSUVの市場規模そのものの拡大は望み薄であろう。それが証拠に、CX-8の販売台数は2019年(前年比75.9%)、2020年上半期(同47.8%)と前年割れが続いている。アルファードとRAV4が共に、コロナ禍中の2020年上半期においても前年越えを果たしているのとは対照的である。 しかも、2022年にフルモデルチェンジの噂もある次期アルファード/ヴェルファイアは、恐らくアルファードの1車種に統合されて、トヨタディーラー全店で併売されることが確実な情勢である。2年後にはまだトヨタディーラーの統廃合は過渡期にあるものと想定され、ディーラー間の同士競合による実売価格の低下で、顧客にとってのコストパフォーマンスはいやでも向上する。CX-8の販売にとって、更なる高い壁となることは疑いない。 ベストカーWeb:トヨタ 新型アルファード 2022年に向けついに始動!! ヴェルファイアとの統合は!? https://bestcarweb.jp/news/scoop/79153

2

ハリアーの派生車種」ですね 懐かしい (^ω^) 今は… ハリアー自体が→RAV4の派生車種」ですので 難しい」のではないですか?ね 何台も?派生車種を増やす時代では?無いと思われます

2人がナイス!しています