回答受付が終了しました

隣人の騒音問題を相談したら、私の方が退去するように言われました…。 (長文かもしれませんが、相談を聞いて頂けると幸いです…)

補足

「私がこの部屋を出ていく(引越しをする)」 ということで気持ちが固まりました。 早速、部屋探しを始めているところです。 その旨を管理会社、そして大家さんにはまだ伝えてはいませんが、私としても今年中には部屋を決める、出来れば新年を新居で迎えることが出来たら…! と思っています。 なお、全てが片付いたら、今回の件について弁護士に相談をして、場合によっては裁判を起こしたいと検討しています。

ご近所の悩み | 賃貸物件750閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(10件)

0

ここまでこじれると、というかすでに嫌気がさしてますよね。 時間と労力の無駄なので、大家の言う通り退去してしまったほうが良いと思います。 今度は、ちゃんと管理会社がフォローしてくれる物件に御住まいになったほうが、よろしいのではないでしょうか。 大家が感情的になる物件は最悪です。 今後も似たようなトラブルが舞い込んできます。

大家さんは味方になってくれる、と期待していたのですが…。 話し合い、交渉、という雰囲気ではなく、いきなり「戦闘態勢」で訪ねて来られたので、私も困惑して、(ちょっとだけ)恐怖を感じています…。 顔を合わせるのも避けるようにわざと残業したり、用事は無いけれどショッピングセンターに寄り道したりして、せめて夜はなるべく遅く帰るようにしています。

2

なんだがあなたに批判的なコメントが多くて嫌になりますねえ。 知恵袋は、あなたの不安を解決するところだと思うんですが。

2人がナイス!しています

0

当事者同士で解決するのが筋です。 皆さん、自分が言いやすい所へ言うからダメなんです。 一番、効果がある所へ言わないと。 誰も無料であなたを助けてはくれません。 また法的にも管理会社や大家の義務は騒音主へ注意して終わりです。 それ以上は法的には難しいです。 逆に、善良な住民が解釈し、家賃収入が無くなると大家さんも被害者になってきます。 そうなって初めて真剣に対処すると思います。 その手の大家は「嫌なら出て行け」ってスタンスです。 借りる時は頭を下げてお願いしたかもしれないけど、そんなもんです。

> 当事者同士で解決するのが筋です。 逆恨みみたいなのが怖いので、もう、これ以上は私も黙って我慢しようと思います。 > その手の大家は「嫌なら出て行け」ってスタンスです。 > そうなって初めて真剣に対処すると思います。 遅かれ早かれ(できれば早かれ)、私の方が出ていく方向で気持ちは固まっています。 出ていかれたらアンタ(大家さん)だって困るでしょ。 …悔しいですが、そのように思うことにします……。

1

あなたの体調に問題があるという事はないですか? 耳栓をしていても聞こえるほどの音というと、かなりの騒音です。なのにテレビの音なのか電話の音なのか定かではない、しかも他の部屋からの苦情もないとなると…。 なんらかの脳の疾患で、幻聴が聴こえているのかもしれません。 もちろん自分では、実際に存在してる音なのか、幻聴なのかは区別が付かないので、病院に行かれたらどうでしょう? ご自分でも体調が悪い、頭がぼーっとする、とおっしゃっているので、もし何もなかったとしても、念のために。

1人がナイス!しています

「騒音」(と感じるもの)は電話の声です。 一言一句、言葉が聞き取れるわけではありませんが、「ああ…」「うん…」「そうですね…」と端々の言葉から、それが電話しているのかテレビの音声なのか、の区別はできます。 そして男性の低音が壁を通して響いて伝わってくるのもハッキリと聞こえます。 それは耳栓をしていても、声、…というか低音の振動のような感じで耳に響いてきます。 中々伝わらないかもしれませんがスミマセン…。 それからご指摘のように、一時期、うつ病で半年ほど休職していた経験があります(その時は別の物件に住んでいました)。 それ以来、(ますます)過敏になった・神経質になったのは、私自身でも自覚しています。

1

ふだんもうるさいと感じるタイミングはあるんですよね?だったら、その時に大家さんにあなたの部屋に入ってもらって音の大きさを確認してもらうしかないのでは? 部屋の外には全く聞こえなくて、隣りの部屋のあなたには耳栓をしても防げないくらいうるさい・・・というのは、普通には考えにくいと思います。大家さんが、あなたの幻聴とか理不尽なクレームと捉えてもしょうがない気もします。退去しなくてはいけないかなど考える前に、実際の騒音の程度の確認がまず必要だと思います 今まで隣りが空き部屋で快適だったから、多少の音でも気になるということもあると思います。大家さんにあなたの部屋で確認してもらっても、「こんなの騒音じゃない」というような対応なら、引っ越す方が平和だと思います

1人がナイス!しています

大家さんは高齢のため、そもそも耳が遠く、普段の何気無い会話(挨拶など)の時も、かなりの音量で話さないと聞こえないようです。 なので実際に部屋に入ってもらっても、たぶん、「私と同じよう」には聞こえない・感じないと思います。 そして実際、外に出てみると声や音は(それほど)聞こえません。 ですが、部屋の中では、なんというか、壁全体が振動しているかのように男性の低音が響いています。