回答受付が終了しました

大学教員になって10年目の者です。どなたかアドバイスお願いします。これまで研究者としては、自分のアイデアで立ち上げた研究テーマの成果で学術論文を毎年数編出してきて特許も毎年出願してきました。学術論文の数

大学教員になって10年目の者です。どなたかアドバイスお願いします。これまで研究者としては、自分のアイデアで立ち上げた研究テーマの成果で学術論文を毎年数編出してきて特許も毎年出願してきました。学術論文の数 は30後半くらいです。 ところがここ最近、研究アイデアがピタリと思いつかなくなりました。(研究アイデアが枯渇しました)。学生の研究テーマを考えるのも大変苦労しています。このままだと、学術論文どころか学会発表すらも今後一件も出せそうになく、いま絶望感で一杯で大学教員としてやっていく自信を完全に失っています。このような私に何かアドバイス頂けないでしょうか。。。 (誹謗・中傷等はお控え頂きたいです。) 何卒よろしくお願い致します。

大学院140閲覧

回答(6件)

2

率直にアイデアが枯渇しましたって言えちゃうのが素敵です. ちんけなプライドで保身に走ってる多くの教員よりか全然素晴らしいですよね. アイデアが枯渇したってことは、裏を返せば知りたいことがない、開発したい技術がないってことですよね? そこで、無理やりひねり出してもつまんないと思います. ここは思い切って分野を変えるのがいいんじゃないでしょうか? 私は生物系の教員ですが、高い評価を頂いている自分の研究がどうも面白くなくなってきて、今は全く違うことを複数個立ち上げてます. 複数個っていうのがミソで、やってみたけどやっぱり面白くなさそうとかあったら嫌だったので、あまり一貫性のないテーマを乱立させました. 別分野からの参入ってことで若干敷居は高かったんですが、異なる視点から研究を進められるのが、意外とアドバンテージがあって、結構ワクワクしてます. 立ち上げて1年半くらいですが、方向転換してよかったと思いつつあるところです. まぁ、まだ答えは出てないですけどね. 研究者ってなりたくてもなれなかった人がいっぱいいます. 私は運が良かっただけなので、なれなかった人たちの分まで楽しもうって思ってます. お互い、頑張りましょー

2人がナイス!しています

0

大学で成功している研究室は、大きい企業、もしくは、大企業に負けない新製品を創りたい中小企業、にタイアップしてもらっている印象です。 つまり、研究が、世の中のニーズに合っていること、が重要だと思います。 大学の先生の研究は、基礎的なものが多く、学術的には素晴らしいのですが、特許とか世の中に役立てるという場所からは少し離れているイメージです。(ただし、ニーズが拡大する分野であることが明らかで、十年後とかにでも目が出そうならば、大企業が資金援助するケースがありますよね。)機械ですと、物質系の学問と比較して、より短期のスパンで活用(製品化/応用等)できるといいのですが。。。 ですので、ご自身の研究を、もっと現実世界に応用させること、応用先でのメリットを高めること(現実味を帯びさせること)を考えてみてはいかがでしょうか。

1

取り敢えず、2番煎じで、落ちゃを濁す。 私は生化学です →研究対象の臓器を、肝臓、腎臓、小腸、膵臓と変えて、30年。 また、金属の毒性研究なので、金属を変えればテーマに悩むことはなかったのですが、テーマが尽きず30年は持ちました。 その頃、昇進したので、研究費は全て助手に渡し、道楽の研究「寿命は何が決めるのか」を。神や仏が決めるのでは無い、経済が決めるというプレストンと同一の結論に達しましたが、日本の衛生学会に拒否の憂き目(笑)。 その後、金属を投与するとなぜ死ぬのか、の疑問が浮かび、5年ほど。これは、手が届いた程度で、終わりました。 何をしたいのか、が決まれば、道は拓ける、ト。 旅に出て、研究を忘れるのも。

1人がナイス!しています

0

人文系の教員です。状況はまったく違いますし、今のところ私は大丈夫なのですが、大変なご苦労をされているものと思います。何の回答にもなりませんが、応援しております。

0

特許で生活できないの? 理系なら塾経営してもやっていけそうですね。研究者ではなく教育者として理系の面白さを伝えてゆく仕事をするとか。プログラミング教室は高額でも大人気。