なぜホンタなのに社内にF1反対派が多くいるのですか。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像

ベストアンサー

6

6人がナイス!しています

その他の回答(12件)

0

F1どころか、車に興味ない人だっているよ。 どこの会社にだって、そういう人はいる。

0

ホンダに入社した人でF1好きなんて、かなり少ないですよ。 自分が働いている会社が湯水のようにF1に投資はするのに、乗用車の研究費用や設備にはお金がないって却下され続けたら、そりゃF1嫌いになりますよ。 あげくに会社の収支が落ちるのでボーナスも減るし、社員にとっていいことなんてないです。 そもそもあなたが言っているホンダの社員ってどこの会社ですか? ホンダのディーラーと、F1出てるホンダはまったく別の会社ですよ。 F1のホンダはHRDで本田技術研究所の部署です。

1

フェラーリみたいに販売の車にF-1のための費用を上乗せして売るわけにはいかないし それでも日本のメーカーの中ではレースに参加したいというよりそのためにホンダに入った方は多い それでもクルマが売れなくてはF-1も出来ないから、F-1の成績がクルマの売上に貢献することは殆どないからですよ。

1人がナイス!しています

0

メルセデスは参戦しながら600億円の収入がありスポンサーや企業からの運営費の中からエンジン供給費として予算が組み込まれている。 ホンダはエンジンだけで400億円の持ち出しでは中止は仕方ないでしょうね。 個人的には博俊氏の率いる無限グループにエンジンを供給販売を任せたほうが良い気がします。 有償でエンジンをF1に供給すれば良いだけのことです。 優勝してもホンダの車の販売台数に結びつかないと・・・なんとも情けない理由ですね。 エンジニア精神を引き継ぐには国内参戦は継続して欲しいものです

0

元々・Hondaは、2輪屋で・・ 4輪市場に、本格・参入してきたのは、1960年代の後半。 其れも・・N360と云う軽自動車(360cc)からだよ。 一躍有名にのし上がったのは、CVCCエンジンで、 いち早く・・アメリカの最難関の環境基準をクリアーしたのが、 躍進の切っ掛けだった。 但し、その頃からホンダを良く知ってる年代は、 Honda車イコール粗悪品・耐久性全く無しと云ううイメージ。 1970年代には、誇大広告と云うか・・ 世界初だの・・日本新だの・・さもさも・・みたいな、 宣伝方法と、カタログ作りで、 若者の支持を得る様に成って行った。 逆に云うと・・騙せたのは、若者中心だった。 ・・・・・・<当時の”SONY”も、同じような戦略> 参考資料 1960 年代半ばから 80 年における自動車メーカーの マーケティング・チャネル戦略の軌跡 -トヨタによる複数マーケティング・チャネルの積極的展開を中心に- https://core.ac.uk/download/pdf/71790844.pdf ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ホンダが国内・4輪部門で、 シェアー順位/最下位で、 登場したのが・・1964年⇒0.9% その年の、 シェアートップは、TOYOTA⇒32.1% 2位が、日産⇒21.3%・・ 3位が、東洋工業(現Mazda)で、11.6% 4位は、三菱⇒7.3% 5位が、プリンス⇒6.7% ※:次年度には、プリンス自動車は、日産へ吸収。