回答受付が終了しました

ID非公開

2020/10/12 23:34

99回答

神奈川で異臭騒ぎ…大地震の前兆なのでしょうか…?

回答(9件)

0

横須賀市秋谷海岸に北米プレートとフィリピンプレートの断層の境目が地表に出ているのね。 その辺を調査してほしいよね プレートの岩がぶつかりあい、異臭が起きている のかもね。

1

ある観測チームによると異臭の他にも ①千葉県九十九里浜一宮町大気中ラドン濃度 ②東京多摩地区羽村市観測点大気中イオン濃度 ③M6以上の地震活動 ④浅間山の火山活動 上記の異常が観測されており、非常に切迫した状態と考えられます。 ①千葉県九十九里浜一宮町大気中ラドン濃度:最近4か月 千葉県九十九里浜観測点:9月下旬から10月上旬に超ウルトラ異常変動を観測。 最高濃度は、3262ベクレルで、本観測点の平均値の105倍の濃度です。 標準偏差で示すと、+120シグマ。気が遠くなるような異常値です。 9/15から凡そ一か月継続しており、未だ収束せず。 収束したら、地震発生の準備ができたということが考えられます。 ②東京多摩地区羽村市観測点大気中イオン濃度 5分関データの平均値が5万count/cc以上の震災時に観測される異常濃度を7/2, 9/8, 9/16に観測した。 ③M6以上の地震活動 2020/6/25 銚子沖 M6.1 2020/7/30 鳥島沖伊豆弧地殻衝突地震 M6.0 2020/10/3 八丈島東方沖 M6.1 M5以上の地震発生頻度も含め、関東は非常に地震活動が活発で、M7以上の地震が懸念される状態です。 ④浅間山の火山活動 10/2、10/5、10/7と浅間山の火山性地震が非常に活発となった。 次の震災地震前に浅間山は噴火しました。9-12月に地震が発生していることが、特徴的です。 1930/11/26 北伊豆地震M7.3 1931/9/21 西埼玉地震M6.9 1949/12/26今市地震M6.2 2004/10/26新潟中越地震M6.8 神奈川県異臭 報道によると 6/4,7/17,8/21,9/19, 10/1,10/2,10/3,10/5,10/6,10/9,10/12,10/14,10/15 10月に異臭の頻度が多くなる。特に、三浦半島断層群がある三浦半島で異臭が多い。 上記の発生時期をまとめると、 千葉県九十九里浜一宮町大気中ラドン濃度のウルトラ異常が始まった最近一か月に集中しており、現在が前兆現象のピークと考えられます。 その他にも栃木県日光観測点、茨城県南部観測点、千葉県銚子市観測点でも大気中ラドン濃度の異常値が観測され、ほぼ関東全域に広がっています。 震源予想は、埼玉県、群馬県、栃木県の内陸直下型地震もしくは、房総沖から伊豆諸島沖 または両方 発生時期は、千葉県九十九里浜一宮町や長野県軽井沢大気中ラドン濃度のウルトラ異常値が終息。 次に、直前前兆: 首都圏VHF帯放送波伝搬異常のー3シグマ以上の明瞭な伝搬異常 その伝搬異常発生、1週間以内に震災クラスの地震が発生と予想されています。

1人がナイス!しています

0

断定はできませんが、地震も十分に考えられると思います 私的には浦賀水道あたりで大きめの地震があり、相模トラフの地震に繋がるのではないかと懸念してます 1922年 浦賀水道地震 1923年 関東大震災 この筋書きが脳裏に浮かんできます 1923年の関東大震災の最大の予兆は、前年の浦賀水道での地震だと私は思ってます 普段はまったくと言って平穏な浦賀水道ですが、あの場所で何か不可思議な事が起きた時は要注意だと私は思ってました 異臭が何でもなければよいですが、横須賀~横浜という領域が妙に気になります

0

異臭の例には関東大震災と阪神淡路大震災の名前がよく挙がりますね。 しかし1923年の関東大震災以降、現在まで何百と大地震は起きてるんですよ? その中で2つしか例が上がらないのでは単なるこじつけとしか言いようがないです。

1

6月から続く異臭の直接の原因は三浦市、横須賀市、横浜市の西区、神奈川区、中区などすべて海沿いの地区で発生していることからも青潮だと思います。 元々これらの地域や東京湾岸などでは毎年6月から7月ころ赤潮でガス臭、腐敗臭が発生することが多いですが(青潮は赤潮の1割程度の頻度で同地域で発生)現在までも継続している時期的要因や 青潮の特徴の硫化水素を発生させるため硫黄のような匂い (卵の腐ったような臭い)やガソリンや石油のようなにおいの報告が多いことからも青潮と思われます。今回皆マスクをしているので。マスクをたまたま外した際ににおいを通常よりも強く感じるということもあると思います。 地震との関連は赤潮についてはその後に関東大震災がなどの記録はあるようですが、青潮に関しては確認できませんでした。 ただ赤潮にかんしてもこういった大事件や事故の後では、そういえば直前にあんなことがあった(魚が大量死したとか、地震雲がとか、鳥や犬が以上にないたとか、ネズミが逃げたとか)というのは語られがちですが、毎年のように赤潮や地震雲や魚の大量死などは発生していますが大地震は発生していない例の方が圧倒的多数なことから直接関係があるとは言えないと思います。

1人がナイス!しています