スタインバーグUR44Cを使用しております

スタインバーグUR44Cを使用しております 差込口1(Hi-z)にベルデン8412のファンケーブルを使い、 アコギ(Taylor 324ce)を直挿ししてるのですが、ボリュームが非常に小さいです。ギターボディにあるボリュームつまみをMAXにして、UR44Cの差込口1のボリュームつまみを結構上げてなんとか…と言う感じですが、ピークランプがすぐについてしまいます。解決策はありますでしょうか。

ギター、ベース | DTM22閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

UR-44ユーザです。 Cタイプになって何か変わったかと思えば、やっぱり同じですね。 ゲインが小さくて、MAXにすると一瞬で歪むやつ。 正直言うと、エフェクター繋ごうが、アンシミュ繋ごうが、なにやってもダメでした。 dspMixFx使っても、もともとがゲインがないのと、ヘッドルームの小ささはお手上げです。 アコギはどうかわかりませんが、唯一、ダイナミックマイクつけて、アンプからマイキングで録ればイケました。 ラインはだめですね。 (DR/AG/HTRぜんぶ同じ傾向のように思います) 自分のは再生専用機です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

はい、仰る通りゲインをMAXにしてやっと音が出たかと思ったら歪むしハウります。 MAXから少し下げると一気にほぼ何も聞こえなくなります。 こういう仕様ということでしょうか。色々と調べてみましたが改善しませんでした。 UR-44も同じ仕様との事で納得しました。 本来やりたい形ではありませんが解決策も教えて頂きありがとうございました。

お礼日時:10/26 22:25

その他の回答(2件)

0

まず アコギにあるボリュームってことは出力時点でHi-Zじゃないのでは? UR44Cのゲインとギターボディにあるボリュームでピークが点くか点かないとこで自分好みの音に合わせましょう。 音量が小さいのは入力ではなく出力の問題かと。(^^♪

0

ピークランプが点くということは入力レベルとしては充分なんですよ。 マニュアルによれば -3dB 以上で点灯ということになってますから。 “ボリュームが非常に小さい”というのがどこの時点でどういう聴き方をしていてそう思うのかがさっぱりわかりません。 dspMixFx の状態を見直すくらいのことはしてみたんでしょうか?

回答ありがとうございます! なるほど!ピークランプがつく=入力レベルは問題ないのか!言われてみればそうですね! 説明不足で申し訳ありません。 そのあとに、UR44C付属のCubaseで録音するのですが、Cubaseに取り込んだ音源や他のエレキギターなど、3本ほどボリュームのバーが出てるとして、ソフト内のボリュームつまみを同じくらいの位置にした時に、アコギだけ極端に小さいんです。 他の楽器や音源と遜色ないところまで上げるとそこはもうレッドゾーンです。 最終的な音の出力は、マザーボード標準のI/Oパネルにある音声出力ジャック(緑)に差し込んだ一般的な左右一個づつのスピーカーから出しております。 dspMixFx…無知ですみません。また明日以降調べて確認してみたいと思います。