V型ダイポールの制作を予定しています。

アマチュア無線44閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:10/17 9:59

その他の回答(2件)

0

1.8〜28MHz帯でエレメントの電気長が1/2λにならない様に気をつければ良いでしょう。物理長ではないので、ちょっと面倒ですが。ヘリカル状にすれば電気長が伸びますからなおのことです。逆三角形のすることも可能の様ですから、一考の余地ありというところでしょう。

0

アースが十分に取れないダイポールでは、いくら給電点に ATU を配置しても、いい性能は期待できないと思いますよ。 私なら、まずは直線張りで、その6.4m竿2本の先端同士もワイヤーで接続した「デルタループ」にしますね。そうすれば一周約20m、つまり 14MHz の1波長ループとなり、14/28MHz ではそこそこの性能を発揮するアンテナになりそうです。10~24MHz帯で同調を取れるかどうかは微妙ですが、そこは ATU に期待です。 ただ、これだとおそらく 7MHz は電圧給電になって駄目です。なので、デルタループの底の、ATU に近い釣り竿部分に電線を1~2mほど巻き付けたコイルを用意し、ATU で 7MHz で同調が取れるところを探します。コイルの寮によっては 7~28MHz で SWR を下げられるでしょう。 できるならそれを2周か3周させると、3.5MHz や 7MHz でも同調が取れる長さにできそうですね。

現状、V型DPと全長70m位のデルタループ+4:1バラン+直下ATUで運用しています。建替えの為撤去しなければならず、V型DPを自作しアンテナを1本に集約させたい考えです。メインが3.5/7Mなのでデルタループで2周させるのも面白そうですね。