私は家庭科の先生になりたいのですが、両親は安定しているから管理栄養士の資格もとった方がいいと言います。

大学受験 | 大学73閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!自分の進みたい道に進もうと思います!

お礼日時:10/21 14:13

その他の回答(2件)

0

>両親は安定しているから管理栄養士の資格もとった方がいいと言います。 ☆大学・短大・専門学校の栄養系の学部・学科・専攻では、 (例) A子さん「勉強が難しすぎて、全然わけわかんなーーーーい。 このまま通い続けるなんて、もうムリ・・・・・」 →栄養系の学部・学科・専攻では、 (例) 解剖生理学、解剖生理学実験、生化学、 病理学、微生物学、医学一般、 ・・・といった科目の授業があります。 →これらの授業は、 医学部や歯学部・薬学部・看護学部と共通の科目で、 同じ内容の授業が行われています。 (例)B子さん 「親が、「資格がとれて就職に有利になるから行きなさい」って、しつこく言うから、 イヤイヤ、この学科に進学したんだけど、 糖尿病・腎臓病・心臓病・肝臓病などの病気の勉強とか、 栄養士として、病院で患者さんに指導するうえでの心構えとか、 全然興味ない内容の授業ばっかで、 学校サボって、バイト三昧してたら、 卒業できなくて、留年しちゃったから、 もういいや、と思って、中退しちゃった!!」 ・・・といった理由で、 大学・短大・専門学校の栄養系の学部・学科・専攻では、 例えば、1学年100人だったとしたら、 10~20人くらいの学生が、中退していきます。 ※例えば、 (例1)家政学部食物栄養学科管理栄養士課程 毎日のように、栄養に関する授業があり、 栄養について基礎から応用まで幅広く学ぶ。 衣服や住居に関する授業は、2年生の時、週に1回1時間ずつあるだけで、 裁縫に関する授業は、3年生の時に、週に1回2時間あるだけで、 基礎的なことだけ1通りさらっとやってオシマイ。 (例2)家政学部被服学科 毎日のように、衣服や裁縫に関する授業があり、 衣服や裁縫について基礎から応用まで幅広く学ぶ。 栄養や住居に関する授業は、2年生の時、週に1回1時間ずつあるだけで、 調理に関する授業は、3年生の時に、週に1回2時間あるだけで、 基礎的なことだけ1通りさらっとやってオシマイ。 (例3)教育学部家庭科専攻 ☆教育大や教育学部の場合は、 あくまでも、 「小学校免許を取得して、小学校の先生になる」ということを、 メインの目的にしている大学もあります。 (例)文教大学教育学部家庭専修の場合 「小学校免許と中学家庭科免許の両方を必ず取得しなければ、 大学を卒業させません」 (例)都留文科大学学校教育学科や横浜国立大学教育学部の場合 「小学校免許を必ず取得しなければ、 大学を卒業させません」 ・・・となっています。 →なので、 例えば、 「「栄養・調理・衣服・裁縫・住居について、いろいろたくさんいっぱい学べそう!!!」と思って、 わざわざ、教育学部家庭専攻に進学したのに、 なんで、 ・4分音符と8分音符と16分音符の違い、ピアノ演奏のやりかた ・アルコールランプの使い方、アルコールの補充のしかた ・25m水泳、鉄棒の逆上がり ・図工の作品制作 ・書写、書道、お習字 ・・・とかも、 やんなきゃいけないの? でも、こういった実技教科も、ちゃんと全部1通り、きちんと勉強して、できるようにしておかないと、 小学校免許がとれなくなっちゃうから、 大学を卒業できず、留年になっちゃうし・・・。 その代わり、 栄養や衣服や住居に関する授業は、2年生の時、週に1回1時間ずつあるだけで、 裁縫や調理に関する授業は、3年生の時に、週に1回2時間あるだけで、 4年間の合計でも、たったの12科目しかなく、 基礎的なことだけ、1通りさらっとやって、オシマイ。 こんなんで、いいの・・・? 少なすぎじゃない・・・? 入学する前、高校生の頃に想像してたのと、全然違ってた・・・!!! こんな大学、来なきゃ良かった・・・(泣) 大失敗しちゃった・・・・(泣)」 ・・・といった感じで、 家庭科免許を取得できる学部・学科・専攻なら、 どこの学部・学科・専攻でも、 いちお、 栄養・調理・衣服・裁縫・住居などの内容を全て、学ぶことができるようになってはいるのですが・・・、 大学の、学部・学科・専攻によって、 科目ごとの、授業時間数の割り振りが、だいぶ違います。 →質問者さんが、 「学びたい!!勉強したい!!」と考えていることは、 どれでしょう・・・・? >教員採用試験に合格したり、私学の採用試験などの成績が良ければそれでいいのでしょうか? ☆公立幼稚園・小学校・中学・高校の教員採用試験の合否は、 一次の筆記試験と、二次の面接で、決まります。 →そのため、 例えば、 ・偏差値が高い有名大学教育学部を卒業したAさんは、 試験の点数が悪く、あっけなく不合格。 ・有名大学の教職大学院を修了(卒業)したBさんは、 試験の点数が悪く、いとも簡単に不合格。 ・きいたことない無名短大を卒業したCさんは、 試験の点数が良かったので、すんなり合格。 20歳で、中学のクラス担任になれました。 ・・・となる場合もあります。 ※公立学校の教員採用試験の場合、 学歴は、合否に関係ありませんし、有利・不利などもないので、 質問者さんの努力しだい、です。 ☆公立学校の家庭科教員採用試験の合否は、 一次の筆記試験や二次の実技試験・面接 (例1)これは、ファスナーが壊れたJ子さんのスカートです。 J子さんは、彼も来る、あさってのパーティーに、 どうしても、彼と初めてデートした時、服屋で彼に、初めて買ってもらった、2人の思い出の、このスカートをはいていきたいと考えています。 壊れたファスナーをきれいに取り外し、新品のファスナーに付け替え、 このスカートをはけるようにしなさい。 (実技試験時間90分) (例2)かぼちゃの煮物をおいしく作って提出しなさい。 時間内に後片付けまで全て終えること。 後片付けの状況も全て採点し、全て成績評価に含めます。 (実技試験時間45分) ・・・で、 決まります。 →例えば、 A子さん 筆記試験は100点満点 実技試験は、 1)「お鍋の中は、真っ黒けに焦げた、もはや物体としか呼べないものでいっぱい」 2)午後の面接の時、 「あなた様は、 スカートではなく、お雑巾をお作りになったのでございますか?」 と、きかれた。 ・・・といった、 悲惨すぎる仕上がり・できばえで、 結局、0点。 B子さん 筆記試験は75点 実技試験は、70点。 ・・・の2人がいたとしたら、 合格するのは、 当然、もちろん、B子さんです。 →家庭科の場合、 実技試験もありますので、 洋裁教室・和裁教室・お料理教室などに通って、 料理や裁縫など、 実技の練習も必要になります。

0

管理栄養士は取っておいた方がいいです、大抵は栄養士、管理が付きません、短大では管理は取れませんから4年制に行くなら取った方がいいです、管理栄養士で教職課程を取れば家庭科取れるのでは、