なぜ、3なのでしょうか?

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

1日3食は、照明が発達したからです。 江戸時代まで、日没と共に就寝で、夕飯を食べる習慣がありませんでした。 三日坊主は、思い立った日とその翌日くらいまではやるけど、というところです。 ほかは何の表現かわかりません。

1

諸説あると思うので、ご自身で考えて取捨選択して下さい 古代中国では数字そのものに意味があると考えられていた。 1は元気、2は陰と陽、3が万物を生む その考えが伝承してきた。 日本人は割り切れない数字(奇数)が美徳とされ、特に3は神聖なものと考えられていた。陰と陽、天と地などの線で分けられた2の関係に1点増やす事で平面の世界での万物を表現する(生み出す)事を意味している 2面性がある。人によって「長い、短い」「多い、少ない」など感じる数字だから。例えば、3日坊主は短い、石の上にも3年は長いという意味で使用されています。占いのようにどちらとも解釈できる数字だから、使い勝手が良い あと、3つは「充つ、満つ」とかけておめでたい数字で使われます。三拍子揃うや三種の神器、三大○○と云うように。 などなどの理由からよく諺、慣用句、日常の多くに3が使われる様になったのかもしれませんね。どの理由が信憑性が高いのか、将又これらは理由じゃなく他の理由があるのかご自身で判断してみてください

1人がナイス!しています

0

理由はよく分かりませんが、日本人は奇数が落ち着くようです。例えば戦隊もの特撮があって、ヒーローが4人だと少し違和感がありますが、5人になるとしっくりくる感じがありませんか?多分そんな感じで、奇数になるんでしょう