ID非公開

2020/10/15 12:22

99回答

テクニカルの小回りでも、切るすべりでなくて良くて、 しっかり回して等速で滑ると良いです、と言うのはあってますか?

スキー157閲覧

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(8件)

0

キレていようがいまいが、斜面に合った仕事を板にさせていればいいと思いますよ。

0

質問者さんがあげれている内容で良いのではないでしょうか。 『「カービングショートターン」でなくても良い』ということなのでだと思います。 『しっかり回して等速で滑る』と言っても、ターン後半にテールを横へ押し出してしまい、スピーディさに欠けるのはダメでしょうね。あり程度「下へ下へ」と向かってきながらも暴走していないのが、良いのでしょうね。

0

それは暴走気味な人に対してのアドバイスです。だからズラせ、だから深く回し込め、と言うのは間違いではありません。 しかし、肝心なのは縦で踏む事です。そこから先でコントロールしようとしても良い滑りは出来ません。 最も、それが出来るようになれば切っても滑れます。

0

あなたがスキーのどのレベルか分かりませんが、おそらく、テクニカルを目指している方とお見受けします。 切れ・ズレ共に大切です。個人によりその程度は異なります。只、ズレだけでは、積極的に乏しいと見られると思います。 基本的にスキーの切れはTOPで、ズラしはTAILです。尚、プロペラターンのように、両方をズラす場合もありますが、TOPでズラしてTAILで切るというのはありません。 理屈で言うより、下記動画をご覧ください。どちらも大切であるかお分かり頂けると思います。 https://youtu.be/YlaBb5n3Qm8

0

こんにちは! しっかり廻した方が良いのは私も賛成です。 それと、暴走はダメです。 急斜面は、やっぱりズレは使うので、、、 そお思うと、おっしゃるような感じになりますよね! テク受験をみていると、暴走と後傾多いですよね やっぱり、特にスピード上がってきてターンが浅くなっちゃうのは 印象が悪いと思います。最近、カービング要素を出す小回りが 流行ってきてるのでやるならそれでも深く仕上げないと その影響を危惧してるんじゃないでしょうか? ただ、ある程度の速度とキレは求められます。 当たり前ですが テクニカルにふさわしい小回りなら合格します。