ID非公開

2020/10/16 10:44

88回答

新築で家を立てる際に、壁紙によって追加料金がかかるなどの説明はなく、どれを選んでも同じだと思っていて、

新築で家を立てる際に、壁紙によって追加料金がかかるなどの説明はなく、どれを選んでも同じだと思っていて、 建てたあとに同じ単価では出せないと、追加料金を請求されました。また、手すりや壁掛金具など、大工さんが無料でつけるような話し方だったのにそれもあとから請求されました。これは普通にあることなのでしょうか?

新築一戸建て | 注文住宅117閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

3

*普通では無く異常です。変更・追加工事により工事金額変更出る場合、必ず見積もり提出し、施主承認確認して初めて施工します。追加料金施主承認確認無に施工する事は真面な建築業界では異常です。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/10/16 12:04

回答ありがとうございます。 追加料金などの話はなく、あとから請求書だけ持ってきたという感じです。 担当の人に話をしたいと思います。

その他の回答(7件)

1

他の人と同じですが… 普通ではないです。 追加請求が生じる際は、必ず見積書提示と追加の発注契約が必要です。 それがないのに後から請求されるのは、裁判でも負けない事例だと思います。 頑張ってください!

1人がナイス!しています

0

契約していませんが注文はしています。 寿司屋の時価と同じで、同じ料金と思っても、思っただけで確認をしなかったので、本当は高い物ですと言う仕組みです。 確認しないで注文していますので、言い値で買いますと言う契約です。。 それを選んでも同じ料金と説明されていたのにも関わらず、金額が違えば契約違反になります。 しかし思っていても、想像していただけですので、実は価格が違うことはあり得ます。 追加料金を請求する権利はあります。 しかし、思っていたと言っても、思うことは自由ですが、高額商品を購入されていますので、その料金をお支払いいただきますとは言えることです。

0

問題は契約した時の見積書と契約内容に、そのことが記載されていると 別途支払いの義務が生じます。 通常、見積もりに合わせたカタログを提示して、この中から選んでくださいが 普通です。 手摺や金物なども、契約見積になければ別途請求されても仕方のないことです。 追加発生の場合は、事前に金額を提示して工事をするのが普通ですが、 見積にそのことが謳ってあると請求されます。

2

追加変更の工事の契約書にサインしなければ支払い義務はないです。

2人がナイス!しています

1

普通ではないですね。 工事請負契約書の後に、オプションについては追加変更工事契約書なりなんなりを交わすのが正式です。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/10/16 12:03

回答ありがとうございます。 普通ではないですよね。 請求書だけが工事の後できました。 担当の人に話をしたいと思います。