回答受付が終了しました

地層のずれでガス層のガスが地表に出てきますか?神奈川の異臭騒ぎはそれですか?

地震36閲覧

回答(5件)

0

船舶タンカー内のタンク洗浄に伴う排水、排ガス処理起因だと思います。 今回検出されたイソペンタンやペンタンはタンカーのタンク内の洗浄に使用されているそうです。 最新の湿式スクラバー装置ではポンプで海水(洗浄液としてイソペンタンやペンタンを混合させる場合あり)をくみ上げタンク内に大量噴射で洗浄し 無害化処理後に海水に放水というシステムで、今回異臭の発生している三浦市、横須賀市、横浜市の西区、神奈川区、中区などの地域や東京湾岸などでは毎年6月から7月ころから年内は赤潮青潮で硫化水素の特徴のガス臭、腐敗臭(硫黄のような匂い卵の腐ったような臭いガソリンや石油のようなにおい)が発生することが多く今回の異臭とも合致します。 青潮等の報告が上がってなくてもプランクトンの大量死などにより 海面より下のポンプで吸い上げた海水に硫化水素が含まれていることは地域柄充分に考えられます。なぜ今年からかというと 上記の最新装置は神奈川県に訪れる船舶では今年1月から導入されたそうで 海温の低い冬には硫化水素は発生せず海水を使用しても特になにもなかったが、海温の上がった春以降に硫化水素の発生している海水をポンプでくみ上げ使用後排水し異臭が発生したということではないでしょうか。 あと今回の異臭のなかにも船舶とは関係なく単なる海面に上がった硫化水素が風に乗って内陸に達したという例年通りのものもふくまれているかも しれません。 本来排ガス、排水処理は湾外で行う処理ですが単独か複数かわかりませんが違反している船舶があるのではないでしょうか。

0

いいえ,ガス層に溜まってるメタンは無臭なので仮に地表に出てきても異臭騒ぎにはならないはずです。

0

関東地下はガス田だからな。ありえないことではない。また地下のどこかで微生物死骸から出たもんかもしれない。そもそもガス田が大昔の生物死骸から出たやつが溜まったもんらすいし。水田や川の淀みなんかでポコポコ出たりする泡はそういうメタンガスだ。 だが大地震とかなんかは全くナヌも言えない。なぜなら微小な地震や「ゆっくりしたずれ」ならそれこそ毎日しょっちゅう起きてるからだ。 地盤ってのはでかい地震が起こらなけりゃ動かないつうもんではない。 日本列島は毎日何センチかずつ動いてるのだ。局所的にはもっとネジくれたりずれたりなんかがしょっちゅう起こっている。 なので異臭騒ぎも大昔から時々ある。現代はアスファルトやコンクリで地面を覆ったんで少なくなったが。 まあ普通の検出装置より人間の鼻の方がはるかに感度が高いから、発生源を特定するのは難しそうだ。

0

いいえ 地下深いところで異変がおきていれば広い範囲に長期間影響がでます。実際はそうではないですね。異臭は東京湾を通る船がタンクのガス抜きをしている可能性が指摘されています。 地震の前ぶれに異臭はありません。理論的にもないですし実績もありません。 ネットでは地震のウソを流している人がたくさんいます。知恵袋にもいます。地震の話をすると注目されて有名になれるのでそれがうれしいだけです。地震の専門家でも研究者でもないです。ネットの地震のウワサは全部ウソだと思って無視しましょう。