何で左翼雑誌(週刊金曜日や週刊朝日)の評論家って見当違いな評論をするのですか?

何で左翼雑誌(週刊金曜日や週刊朝日)の評論家って見当違いな評論をするのですか? 従軍慰安婦問題で多くの日本人が韓国を怒る理由について「それは、日本人の強烈な被害者意識による物だ。」「日本人は戦争中訳がわからないまま戦争に駆り出され、空襲に襲われた。自分達だって苦しんだのに、何で朝鮮人ばかりが金をもらうのか?」という強烈な嫉妬、ひがみがある。」と言っています。 でも普通の日本人は、従軍慰安婦の話が元々小説から生れた話だと知っているので、そういう嘘話で日本から「賠償金を寄こせ」というのはヤクザの恫喝、言いがかりと同じだから怒っているだけなのですが・・・ 水戸黄門が作り話だというのと同じです。

補足

当時民間の売春婦はいくらでも居て、わざわざ軍が強制連行する必要などありません。売春婦が軍船で移動したのを「軍の関与があった証拠」とあげつらう人がいますが、潜水艦とか危ないから、多くの民間人が軍船で移動しただけ。また「軍が慰安婦を募集しているという嘘で勧誘する悪質な業者がいるから気をつけろ。」と善意の関与をしただけ。 小説家の名前「吉田清治?」ですか?彼の息子が親の嘘を謝罪しています。そんなくだらない小説の題名なんていちいち覚えていません。

政治、社会問題 | 日本史39閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

2

それは左翼の論調は結論ありきだからです 理由は後付けに過ぎないから珍妙なものになる ってか、韓国に対して怒りぶつけているのは戦中派の年寄りばかりじゃありませんから いまどき、「戦中は日本人も苦しんだのに、なんで韓国人ばかりって僻み」とかアタマおかしいのにも程がある

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

そういうおかしな主張をしているのは大抵、「週刊金曜日」の本田勝一とかいう編集長ですが、あの雑誌にお金払いたくありません。

お礼日時:10/22 19:05

その他の回答(6件)

1

んー、でもそういう左翼雑誌の「トンデモ主張?」に表現の自由を与えていることは日本が言論の自由を認めていることの証明だと思うので、そんなに目くじら立てるほどのことも無いのでは? 書いていることがおかしいと思うのであれば質問者さまがやってるみたいにこうやってYahoo!知恵袋で反論したり疑問を呈することも特に禁じられていないわけですし。

1人がナイス!しています

2

平時の時でも沖縄の米兵による暴行がおこるのだから、戦時中で日本兵がそのような事件をおこしたと考えるのが普通。しかも当時の韓国は生活苦で日常的に少女売春をしていたのも事実。 韓国の軍人がベトナムで婦女暴行したのも事実。 それらと従軍慰安婦の話は別です。軍が主導して強制連行したというなら捏造していない証拠をだすべきなのは韓国です。 日本人に悪魔の証明を要求しといて尚且つもっと金よこせとは正にチンピラ国家です。

2人がナイス!しています

0

その小説より古い時代に とある自民党議員が 従軍慰安婦の事をこのように言ってますね ※慰安婦問題に関わる部分のみ抜粋※ それから朝鮮の慰安婦が14万2000人死んでいる。日本の軍人がやり殺してしまったのだ 吉田本1977年 この発言は1965年 小説から生まれたというのは嘘ですね

1

約半世紀前から 慰安婦の存在を知る日本人ですが >従軍慰安婦の話が元々小説から生れた話だと こういう決めつけは 初めて見ました、その小説は誰のなんという著作ですか。 戦争を体験して 戦地に行った日本人の少なからぬ人々が 半島出身の若い女性が大量に慰安婦(売春婦)をしてたことを 知っています。 虚構だというのですか? 身体を売って稼いだ金が軍票でもらったので戦後チャラになったことも事実です。 募集がダマシで 違法な未成年人身売買行為であり、半島から戦場までの強制連行の途中で暴力的なふるまいをうけ 性奴隷そのものの生活だったことも 保守派に属する人々が述懐しています。 韓国側のいう証拠摩擦のための殺人や 反抗した女の惨殺は 証拠がないですが かなりの部分が事実にもとづく非人道的行為だから、日本政府が10億円支払ったことも 貴殿はお忘れですか・

1人がナイス!しています

吉田の本が韓国でも話題になって日本で例の誤報が起きたのは、1990年代。 元の本が出版されるよりずっと以前、1969年8月14日の「朝鮮日報・解放特集号」に 戦前の回想として「挺身隊に集められた少女」の記録がある。 内容は 悲惨で書くに忍びないが 性奴隷」そのものだ。 だから「従軍慰安婦が吉田のフィクションから生まれた」という質問者の前提が根本的に間違っている。 大戦後半には「女性は挺身隊に参加して兵隊さんの役に立て」と、日本人警官と村長が 韓国の各家庭を回って若い女性を集めた話だ。 遊女は確かにいくらでもいたが、一次大戦でのドイツ兵の研究をした軍医の提言により、「性病を持っているすれからし遊女より未通女を集めて皇軍兵士に供せ」と 日中戦争の開始後に大量の若い女性がかき集められたのだ。慰安所に来る日本兵も 日本語の通じる若い女を求めた。