ブルーインパルスって、どうして非力ない練習機を使うんですか? 戦技飛行というよりは、曲芸飛行ですよね?

飛行機、空港 | ミリタリー197閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(9件)

0

とりあえず曲技と曲芸の違いすらわからない人には何もわからないと思います。 芸と技の違いの区別がつかない人には迫力無く見えることでしょう。 ブルーインパルスの演技は国産練習機の技術と日本人パイロットの飛行技術つまり技を見せる為の曲技飛行であり曲芸とは行き当たりばったりな芸を見せることやイルカやシャチ等に芸をさせることを曲芸と呼びます。 アメリカのサンダーバーズやブルーエンジェルスの演技は迫力あるように見えますが実は4機と2機の演技又は6機の演技のみで日本のように1機から6機まで組み合わせを変えた緻密な技があります。先に述べた2チームは実は雑な面が多々あります。

0

そりゃ広報用にショーに特化したアクロバット/曲芸飛行を行うのがブルーの役割なので... 練習機がこのような任務をするのは世界的に見ても珍しくありません。むしろ練習機の方が主流です。カナダ、イタリア、フランス、ドイツ、イギリス、中国等々の様々な国で練習機をアクロバットチームの機体に採用しています。 逆に純粋に戦闘機を使っているのはアメリカとロシアくらいです。

0

正直なところブルーインパルスもそりゃ戦闘機が良かった。F-2が良かった。 今となってはアメリカはF-16とFA-18、ロシアはフランカーとフルクラム、中国は国産戦闘機のJ-10、韓国はT-50アフターバーナー付き高等練習機8機編隊。 自衛隊だって他の国に見劣りしない機種が良い。 でもF-2は叶わなかった。 だから今も止むを得ずT-4を使い続けてます。 迫力が足りないのはごもっともです。 95年にT-2からT-4へと機種転換した際にはそうやって散々言われてました。 確かに機動性は良いので見応えのあるアクロバットではあるのですが・・ね。 せめて、他の中等練習機使ってるチームみたいに8機とか9機とか、数で勝負してくれればいいんですけどね。 韓国のT-50の8機編隊に質も量も知名度も劣ってるのが現状です。

0

前は確かにT2高等練習機(FS-T2改>F-1戦闘機)を使っていましたが、 今はこれに変わるF-2戦闘機が調達予算の低減でカットされてしまいました、、F-2はアメリカ空軍のサンダーバーズが使ってるF16の改良型なんで、丁度良かったのですが、 税金の無駄遣い! と、このサイトでも多くいるもんで、、やむなく非力な中等練習機のT-4が頑張っています、 次の高等練習機のFSXが配備されたらブルースの密集編隊やってほしいですね、