回答受付が終了しました

ID非公開

2020/10/19 2:03

66回答

退職願も退職届も出していないのにいきなり2日前に今までありがとうございました、

労働問題 | 法律相談98閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

回答(6件)

0

言った言わないは水掛け論。これは口喧嘩や話し合いレベルでは確かにそうです。 ですが訴訟などにあるなら、hiroriboxさんの言う通り「原告側に、主張の立証責任」が生じます。 なのであなたに証拠がないなら「自分の主張が正しいことは私は証明出来ません」ってことなので、裁判になりません。弁護士も受任してくれないでしょう。 それで裁判が成り立つなら、世の中「嘘でもなんでも言ったもの勝ち」です。

ID非公開

質問者

2020/10/21 12:57

言った言わないは相手に立証するよう仕向ける裁判の仕方のほうが良いのでしょうかね。

0

言った言わないが証明できないのであれば、ユニオンに加盟するか、別の弁護士に依頼して、退職意思が無効である旨を争いましょう。 この場合の証明責任は雇用者側にあります。 再雇用するという時点で、そもそも解雇に至る理由がないですし、あなたの意思を受け取ったという書類も発行されていないのですから、証明することは困難なはずです。

ID非公開

質問者

2020/10/21 12:07

理由は後付けで聞かされましたが、どれも取って付けたようなものでした。単に上司に嫌われていただけですから。 証明はこちら側がしなければならないと言っていましたが、証拠としては上司からメールで一方的に退職を告げられたというものしかないので、会社側にいきなり解雇されることになっていたという証拠だけはあります。

0

質問の下記の部分が?です。 「辞めるなんてはっきり言ってないし、言ったとしてもそういう書類もらってない」この部分です。言った言わないがハッキリしてないんですか。いずれにしても言った言わない、聞いた聞いてないと双方ハッキリした証明ができない以上、暖簾に腕押し状態の問答が続くでしょう。

ID非公開

質問者

2020/10/21 12:04

それは十分分かっていることです。

0

言った・言わない論争は確かに立場としては「両者同じ」なのですが、裁判をするには「原告に立証責任がある」わけですから、原告になるあなた側は自分の主張が正しいという証明をせねばなりません。 なので弁護士の見解が正しい事になるかと思います。 そもそも論として、地位確認請求訴訟は「あまり賠償額が高額にならない」訴訟です。その上で証拠もないもないのであれば、弁護士としてはそういう判断しかできないと思いますよ。 頼りないのではなく、「依頼者が費用倒れにあるようなことはしない、断る」という意味では非常に良い判断をされていると思います。 この状態で「悪い相手ですよね、一緒に闘いましょう!」なんていう弁護士の方が、自分の着手金欲しさで、依頼者の利益など考えてない三流弁護士だと思いますよ。

ID非公開

質問者

2020/10/21 12:01

言った言わないの明確な証拠がどちらもないという事は、言っていないことを勝手に自主退職扱いで口頭で解雇にされたため不当なもとだと言えますよね。 ということで解雇予告が無かったので1ヶ月分の給与とその後10日間分の損害賠償請求です。100万200万とろうとしてる訳じゃありません。 >頼りないのではなく… 自分の頭の中でばかり考えて話していて詳しい説明をしてもらえなかったためそう感じただけです。