ID非公開

2020/10/19 3:32

66回答

扶養控除についてお伺い致します。

税金 | 社会保険28閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

主の社保強制加入条件は学生なら関係無い。 106万は会社の義務だが、主は対象外。 なので、月10.83万を越えなければ、親の健康保険の扶養になる。

0

片落ちの回答が多いので。 まず、だいたい理解しているかもしれないが、扶養にはあなたは、2つしか書いてないが、会社によっては3つあります。 税扶養 保険扶養 会社独自の扶養 1税扶養は、子供の費用がかかるから、被扶養者の税金を安くして負担を減らす。 2保険扶養 専業主婦、学生など本業があったら、それに、保険を、負担させたらかわいそうだから、被扶養者の保険にただではいらせてあげる。 3会社扶養 子供がいると何かと金がかかるから、少し会社が、金を出してあげる。 1は、取得で48万(今年から) 給料をもらっている人は、55万の経費をみとめて103万(非課税の交通費などを除く) です。それを超えたら控除してやる意味ないからその場合親の所得税率により、所.住.税 が、17万とか増税 2は、将来にむかって、年間は130万(大手なら106万)以上に収入があったら、べつに保険料優遇してやるいみないから、自分で保険料払えって。親は関係ない。 将来に向かってなので、判定など難しいので、親の社保、子供の社保で国保で、入っていい条件による。まあ、社保なら月数数千円 3これは、あるとこないとこあるけど、だいたい103万のラインで月1万とかもらっている。 なので、あなたの会社が、106万対象なのか?さらに、学生をどう扱うか? それ自体ですよ。 保険は、そんな健保次第なので、将来へのジャッジなので。 なので、親を通して、外れる条件、あなたの会社を通して、入らないと行けない条件を調べないと、そんなのは誰も答えられない。 まあ、学生を単独に社保に入れるような条件を切っている社保は聞いたことないけどね

0

課税収入が103万円を超えるとあなたの親はあなたを扶養控除の対象にできなくなり、所得税、住民税が増えます。 あなたは130万円までは所得税はかかりません。(勤労学生控除を使用した場合) 通勤手当を含んで130万円以上になるとあなたは健康保険の被扶養者になれず、国民健康保険に加入しなければいけません。保険料は世帯主が払います。

0

親御さんの負担が増えるのは 税法上の扶養のみです。 お子様の収入がお給料であり 年103万円以下であれば 税法上の扶養範囲ですので 親御さんに負担はないものと考えます。 なお 交通費が 非課税交通費ではない場合は お給料支給額に交通費を合算し 年103万円以下である必要があります。 交通費が非課税交通費であれば お給料支給額に加算する必要はありません。

社会保険の扶養は 年130万円(月108333円)以下であれば 扶養範囲と言えます。 106万円とは バイト先が社会保険加入条件を見てしている場合は 加入する必要がありますが 学生の場合は 除外されます。 なお 税法上の扶養は お子様の収入が年103万円以下ですので 非課税交通費ではない場合で その交通費が お給料に合算される場合 103万円を超えると税法上の扶養から外れます。 その場合の親御さんの負担は お子さんの年齢が 19歳~23歳未満(12月31日時点の年令) 所得税 63万円 × 親御さんの所得税率分が 増税 翌年の住民税 45万円 × 一律 10%=45000円の増税となります。 お子さんが社会保険の扶養を外れても 親御さんの社会保険料に変化はありません。

0

>この場合は私や親にはどの程度のお金が引かれるのでしょうか? 親は、103万越えで扶養控除という税法上の控除が受けれなくなる。 金額は年収により変わり一概に言えないけど、年収500万として、 所得税では被扶養者の年齢が19歳から22歳までは控除の額が63万なので、所得税率10%で6.3万。住民税で控除の額が45万の10%で4.5万。 合計年間10.8万の親の負担増。 あなたは、130万越えで親の会社の社会保険事務所に加入出来なくなり、あなた自身で健康保険料と年金の掛け金を負担することになる。これは親ではなくあなたが負担するものです。 もちろん親が代わって払ってくれるなら話しは別。 年間25万くらい。 これにあなた自身で払う税金プラスです。こちらは5万円くらい。